1日で制覇!トロントでお土産を買うならここ【おすすめの場所・モノ】

トロントお土産−アイキャッチ カナダ

ハイタイ!

かなえです。

トロントで買うお土産選びに困っていませんか?

・買いたいものはあるがどこにいけばわからない
・お土産屋さんへの行き方がわからない
・そもそも何を買えばいいのかわからない

こんなお悩みを抱えている皆さんに
トロントのお土産屋さんを1日でまわるプランとおすすめ商品をご紹介します!

トロントに約2年住んでいた私が一時帰国時などに良くお土産を買っていた場所です。

それでは見ていきましょう!

トロントでお土産を買おう!おすすめの場所・モノ

私おすすめの場所はこちらです!

場所

・イートンセンター
・チャイナタウン
・LCBO
・ケンジントンマーケット
・スターバックス
・ダララマ
・Loblaws

今回ご紹介する場所は上記7箇所です。
それぞれの場所で買えるおすすめのものはこちらです!

モノ

・メープル系商品
・衣類
・お菓子
・紅茶
・雑貨
・お酒
おすすめのモノについてはこの後詳しく紹介していきます。

イートンセンター

イートンセンター

トロントの代表する大型ショッピングセンター
ここに来れば大抵のものは揃います!
そのイートンセンターの中でもおすすめしたいショップがこちら。

Lindt Chocolate Shop

リンツ

リンツのチョコレート、有名ですよね。
こちらはスイス発のお店ですが、カナダではかなり安く買えるのでおすすめです。
2020年1月時点では、45カナダドルで自分の好みの味のチョコを150個選ぶことができます。

Roots

ルート

Rootsはカナダ発のブランドとして有名ですね。
Rootsのロゴの入ったパーカーや帽子などが人気です。

少し値段が張るので自分や家族、仲のいい友達に向けたお土産に向いています。

DAVIDs TEA

紅茶

DAVIDsTEAもカナダ初の「Tea」専門もお店です。
おしゃれでポップな内装は目を引きます。

「Tea」の種類も豊富で、私がおすすめするのは「グァバ」と「ライチ」です。
試飲が可能なため気になる味があれば店員さんに頼んでみましょう。
個包装されたティーパック36袋セットが32カナダドルで購入でき、お土産に最適です。

SEPHORA

セフォラ

セフォラはデパコスからプチプラなコスメやケア商品、香水が揃うお店です。
日本では買えない海外ブランドや日本では見ないような配色のパレットなどが売っているため女子には嬉しい場所。
セフォラ自社ブランドの化粧品はプチプラ価格なのでお土産におすすめです。

チャイナタウン

チャイナタウン

トロントのチャイナタウンは大きくかなり栄えています。
チャイナタウンで買えるお土産は安い!とにかく質より量のお土産を買う場合におすすめ。

チャイナタウンにある多くのお土産屋さんでも私のおすすめできるショップをご紹介します。

Royal Canadian Gifts

お店外観

こちらは店内が比較的きれいで、品揃えも豊富です。
しかしチャイナタウン内にある他のお土産店に比べると価格設定が高めです。

カナダで有名なメープルシロップ系のお菓子などが豊富に取り揃えられており、サーモンジャーキーやカナダに関する小物、衣類等なんでも揃います。

A & F Canada Gifts

お店外観

こちらはチャイナタウンのお土産屋さんの中でも安く商品を売っています。
そんなに店内は広くないですが、少しでもお土産代を節約したい方におすすめです。

買えるものは最初に紹介したRoyal Canadian Giftsと変わりません。

LCBO

エルシービーオー

LCBOはお酒を扱っているお店です。
最近までカナダではスーパーなどにお酒は置いておらず、専門店でしか購入できませんでした。
今では少しずつスーパーにも並ぶようになりましたが、専門店には及びません。

カナダのお酒でお土産に最適なものをご紹介します。

アイスワイン

カナダに来る方なら聞いたことがあるはず、とても有名なアイスワイン。
アイスワインはかなり高価なお酒で、500mlで50〜80カナダドル程度。

お土産用の小さいボトルに入ったアイスワインも売っているのでお土産にぜひ!

サイダー

サイダーと聞くとジュースを思い浮かべられるかと思いますが、ちゃんとお酒です。
日本で言うチューハイに近い飲み物です。

私はサイダーの中でもアップルサイダーとペアサイダーがお気に入りで良く飲んでいました。
かなりの種類が置いてあるので見ているだけでも楽しいです。

ビール

カナダのビールといえばカナディアンビア。
スッキリとした飲みやすい味が好評のビールですが、こちらはパッケージにメープルリーフが入っているためカナダ土産に最適です。

200ml程度の小さい缶ビールもあるので購入がしやすいかと思います。

ウィスキー

癖がなく飲みやすいと言われているカナディアンウィスキー。
お店に行くと低価格なものから高価なものまで揃っているので、店員さんに相談しながら購入するといいかもしれません。

カナダでお酒を購入する場合はID(パスポート)が必要です。
また、日本に持って帰れるアルコールの量も定められているので気をつけましょう。

ケンジントンマーケット

ケンジントンマーケット

ケンジントンマーケットはアートや音楽が溢れる場所です。
古着屋さんやおしゃれな雑貨店も多くちょっと変わったお土産を購入するのにおすすめです。

Blue Banana Market

お土産

こちらはちょっと変わったお土産を購入するのにおすすめの場所。
日本で言うビレッジヴァンガードのようなお店になっています。

ここにある「マスタード」が私のイチオシです。

かなりの種類があり、メープルマスタード置いてあります。
マスタードが好きな方はぜひ購入してみて下さい

Kid Icarus

お店外観

「紙」の雑貨が多く取り揃えられているおしゃれな雰囲気のお店です。
メッセージカードやノート、またハンドメイドのアクセサリーなどが購入可能です。

お土産のためでなくても立ち寄って欲しい場所。

スターバックス

スターバックス

スターバックスに売っている商品がお土産としてかなりおすすめできます。

マグカップ

カナダやオンタリオ、トロントとプリントされたかわいいマグカップが売っています。
決して安いわけでは無いですが記念に持って帰りたくなる商品です。

スターバックスカード

日本でも販売されているスターバックスカード。
マグカップをお土産用にたくさん購入することは荷物の関係で難しいかもしれませんが、スターバックスカードなら幅を取りません。
残念ながら日本での利用はできませんが、カナダやトロント限定のデザインがあるのでスターバックスファンの友人に送ると喜ばれること間違いなしです。

ダララマ

ダララマ

ダララマは日本でいう100円ショップのようなお店です。
ここでは安いく大量のお土産が購入できます。
メインのお土産というよりはサブのお土産を購入するのに適しています。

お菓子

海外特有のちょっと変わったお菓子が置いてあります。
小さく個包装されているタイプが多いので、仕事場など大勢に配るお土産に便利です。

小物

日本ではなかなか見ないようなデザインの小物が置いてあります。
私のおすすめは海外特有のデザインが施されているメッセージカードです。
海外チックなメッセージカードと一緒にお土産を渡してみるのもありかもしれません。

Loblaws

ロブロース

Loblawsは食品や日用品を扱うスーパーマーケットです。
私は旅行の際に、お土産屋さんではなく現地のスーパーを見てまわることが多いです。
現地のスーパーにはお土産価格ではない通常の値段で食料系が売られているので安く済ませたい時に便利です。

今回ご紹介するLoblawsはちょっといいスーパーなため、デザインが可愛いものが置いてありおすすめしたいスーパー。

メープル系

ガラスのボトルではなく、かんかんに入ったメープルシロップやかわいいパッケージのメープルクッキーなどがお土産屋さんよりも安く売られています。
ただ、メープル系の品揃えはお土産屋さんのほうが多いので、スーパーで買うもの、お土産屋で買うものを分けるといいかもしれません。

チョコ系

オレオクッキーが入った板チョコや、M&M’sの板チョコ、キットカットの変わったお菓子など、日本で見慣れているはずなのに見たこと無いようなチョコレート系のお菓子がたくさん置いてあります。
1つあたり1カナダドル〜3カナダドル程度なのでお財布に優しく、インパクトのあるお土産だと思います。

スナック系

Lay’s(レイズ)のポテトチップスにケチャップ味があるのはご存知ですか?
日本では販売されていない味なため、お土産で持ち帰るのもありです。
スペースをとるためあまりたくさんは持って帰れないのが難点。

お土産を1日で制覇するプラン

実は今ご紹介したおすすめの場所はすべて徒歩圏内にあるため、一日でまわることが可能です。

マップにまとめたのでご覧ください。

お土産おすすめマップ

  トロントマップ     

①イートンセンター から ②チャイナタウン 徒歩20分 / バス10分
②チャイナタウン から ③LCBO  徒歩6分
③LCBO から ④ケンジントン 徒歩3分
④ケンジントン から ⑤ダララマ 徒歩23分 / バス15分
⑤ダララマ から ⑥スタバ 徒歩3分
⑥スタバ から ⑦Loblaws 徒歩4分

イートンセンターからスタートし、Loblawsがゴールだとすると徒歩1時間でまわることが可能です。
実際にはお店をまわる時間もあるので大体5時間程度あれば、必要なお土産はすべて揃えることができるかと思います。

今回ご紹介したルートにはカフェやタピオカ、レストランが多くあるので疲れたらお茶をしたり、バスを使ったりしながらお土産を揃えてみるのはどうでしょうか。

番外編~その他おすすめ紹介~

1日で制覇するおすすめマップでは物足らない方向けにもう3つおすすめの場所をご紹介します。

その他おすすめマップ

トロントマップ2

⑧セントローレンスマーケット

93 Front St E, Toronto, ON M5E 1C3

とても有名な観光スポットです。
Loblawsからバスで20分ほどなので時間と体力があればここまで足をのばしてみましょう。
ケンジントンマーケットで紹介したマスタード屋さんはここが本店で、マスタードの試食ができます。

⑨,⑩格安スーパーマーケット

No frills 449 Parliament St, Toronto, ON M5A 3A3 カナダ
Freshco Toronto, ON M5T 2S6 カナダ

⑨と⑩はNo frillsとFreshcoという格安スーパーです。
とにかく安いお土産を求めている人は行く価値あります。

 

 

いかがでしたか?
お土産を選ぶ時間は楽しいものですが、何を買えばいいのかついつい考えすぎてしまうもの。

今回紹介したおすすめの場所とモノを参考に効率良いお土産購入をしてください!

それでは次の記事で

✌ぴーす✌

コメント

タイトルとURLをコピーしました