【アイルランド】採用されたのは日本で7年経験があるあの仕事【ワーホリ】

アイルランド仕事採用−アイキャッチ アイルランド

ハイタイ!

かなえです。

今回はワーホリで来ているアイルランドの首都ダブリンで、私の仕事ゲットまでを実際の流れに沿ってお話していこうと思います。

アイルランドでの仕事探しって大変って聞くけど、実際にみんなどんな風に仕事探ししているんだろう?体験談とかあれば参考にしたいな。

そんな要望に答えていきます。

この記事の内容

・アイルランドで仕事探しをする方法
・私が今の仕事を手に入れるまでの流れ
・アイルランドで仕事探しをした感想

英語がまだまだ苦手な私が行った仕事探し、一体どんなことが起こったんでしょうか?
早速、見ていきましょう!

【体験談】アイルランドで仕事をゲットした話【ワーホリ】

求人の画像

仕事探しで一番反応が良かったのは「直接CVを配りに行く」こと。

ローカルのお店や、求人が出てないお店で働きたい場合にかなり効果的です。
もちろんお店によってはネットからの応募のみ受け付けている場合があるので、応募方法は予め調べておく必要があります。

私はこの方法で仕事探し2日目でトライアルが決まり、その日のうちに仕事が決まりました。

その後仕事を変えていますが、その職場も求人が出ていないながらもCVを見て面接をしてくれ、採用がすぐに決まりました。

アイルランドでの仕事探しは「足を動かす」ことは必須です。

アイルランドでの仕事探しはどうやるの?

情報ボード

アイルランドでの仕事探しの方法は以下の通り。

・CVを直接お店に配りに行く
・ネットの求人サイトから応募
・友人からの紹介

一番簡単なのが、「友人からの紹介」です。
友人から紹介して貰った場合採用の確率は上がりますし、職場の内情が予め分かるのでトラブルも起きづらいと言ったメリットだらけです。

正攻法で攻めるなら、直接お店に行きCVを配るか、ネットから応募するかになります。
どちらも連絡が帰ってくる確率は高くはないですが、応募自体はたくさんの場所にすることが可能です。

直接CVを配りに行くことは勇気のいる行動ですが、ネットよりも反応が良いのでぜひチャレンジしてみてください。

【体験談】私がアイルランドで仕事を手に入れるまでの流れ

さて、ここでは私が今の仕事を手に入れるまでの流れを紹介していきます。

私は今の仕事をする前に1度違う職場で採用されています。
なぜその職場を離れたかの経緯も含めて話していきますね。

第1弾 CV配り

仕事探しを始めたのがGNIB、外国人登録も済んでいない1月上旬。

働く場所にこだわりは全くなかったので、採用の確率が高そうな日本食系のレストランを中心にCVを配ることに。

仕事探し2日目にして、1日目にCVを配ったお店から連絡がありそのままトライアルへ。

そしてそのまま新しくオープン予定のお店での採用が決まりました。
その後2週間程度新店舗の掃除などを手伝うことに。

しかし来週オープンするよと言いつつ、いつまでもオープンしないお店に不安を覚えまたCV配りを開始。

第2弾 CV配り

1つ目のお店がバスで30分かかる所だったんですが、バス通勤が面倒くさいことに気づきました。

しかし郊外住みなので、家の近くにはマックくらいしかなく、、、

徒歩5分圏内のマクドナルドにCVを配りに行ってみました。
帰宅した後、マックから着信があり面接が決定。

面接

マクドナルドでの面接ってどんなもんだろう、と考えつつも大したことは聞かれないだろうとたかをくくり挑んだ面接。

これから海外でマクドナルドの面接に挑む方は覚悟して。

日本でもアルバイトにこんな面接しないわってくらい丁寧な面接でした。

聞かれたこと

・尊敬する人は誰ですが?
・なぜその人を尊敬しているんですか?
・お客様を出迎えるときに大切なことは何だと思いますか?
・お客様とホールであった際になんと声をかけますか?
・理不尽に怒っているお客様に対してどんな対応をしますか?
・お店のミスで怒っているお客様にはどんな対応をしますか?
・接客中にあなたが一番気を付けることはなんですか?
・あなたのロールモデルは誰ですか?
・それはなぜですか? …など

覚えているだけでもこれだけの事を聞かれました。

面接をしてくれた方がマクドナルドのチェックシートに沿いながら質問していたので、この面接方法は決まりのようです。

内容に関しては、英語が達者ではないので多少の認識の差はあるかと思いますが、おおよそこういった感じ。

意味わかんないです。

意味わかんなかったです。

一応全て答えましたが、予想だにしない面接内容にタジタジ。

しかし、こんなにしっかりした面接をしたのにGNIBやPPSナンバー、果てはビザの確認すらされない始末。一体どーなってんだアイルランド。

唯一聞かれたのがパートタイムとフルタイムどっちがいいかと学生かどうかでした。

採用決定

タジタジな面接を終えたその日の午後。
採用通知のメールが届きました。

徒歩5分の職場をゲットした瞬間です。

まぁ、当然の結果ですね。
かなりタジタジな面接ではありましたが、私はマクドナルドで7年バイトした経験があったので採用は確信していました(本当はちょっとドキドキしてた笑)

この時点で、最初のお店には他に仕事が見つかったので辞めますと連絡を入れました。

オリエンテーションへの招待

マクドナルドは採用が決まるとオリエンテーションが開催されます。

同時期に採用が決まった人がどこかしらの店舗に集まり、書類を書いたり、マクドナルドについて簡単に説明を聞きます。

約2時間程度の拘束時間ですが、しっかりと時給が付きました。

この作業を終えて、本採用決定です。

アイルランドで仕事探しをしてみて

マクドナルド

アイルランドでの仕事探しはやってみると意外とスムーズでした。

ネット応募に頼りきりだと、求人が少ない+倍率が高いので難しいかも知れませんがCVを配りに行くと以外なところで採用してくれたりします。

私のように、仕事に対してこだわりがなければ簡単に見つかるかと思います。

ただ、おしゃれなカフェでバリスタをしたいとなるとなかなか難しいかも知れません。

ちなみに相方のまもさんはCVを配った先で、そのまま面接、後日トライアルをした後にそのカフェレストランでホール兼バリスタの職を手に入れてました。

英語力って本当に大事です。

カナダやオーストラリアに比べると仕事探しは簡単ではなかったですが、こだわりがなければ仕事は見つかります。

家から近いという理由だけで選んだ今の仕事先ですが、同僚は皆優しく、毎日わいわいしながら働いていて楽しいです。

マクドナルドで働いてみた感想も今後アップしていくのでお楽しみに。

それでは次の記事で
✌ぴーす✌

コメント

タイトルとURLをコピーしました