ダブリン渡航前にかかった費用と節約術【アイルランドワーホリ】

節約−アイキャッチ アイルランド

ハイタイ!

かなえです。

皆さん、海外に行くときの一番の悩みの種ってなんですか?

私は「お金」でした。

留学に行く方もワーホリの方も渡航前にかかるお金が意外と嵩んで、節約しなきゃってなりますよね。
でも、航空券代・海外保険代・エージェント代・語学学校代など、費用が嵩むものばかり。
どこをどう節約するべきか悩んでいる方、いらっしゃいますよね。

そこで今回は私達が行ったアイルランドワーホリのための節約術を実際にかかった費用と交えながら紹介していきます。

どんな費用がかかるのか、なにを節約できるのかしっかり解説します!

それではさっそく見ていきましょう!!!

ダブリン渡航前にかかった費用と節約術

お金の節約術の画像

ダブリンに来る前にかかった費用とその節約方法を詳しく解説していきます。

申請費

アイルランドワーキングホリデープログラムの申請費 7900円

今回のアイルランドワーホリは彼氏のまもさんと参加していますが、お互いすでにワーホリ経験があったためエージェントは使わずに各自で申請を行ったためこちらでかかった費用は7900円のみです。

海外保険(1年間)

海外保険(1年間) 405ユーロ(48961円)

海外保険は「海外保険付帯のクレジットカード」と「海外の保険」をうまく組み合わせることで、12ヶ月間で5万円以下に抑えることができました。
詳しくは「カナダワーホリから学ぶ海外保険節約術」で紹介しています。
なかには海外保険に入らなくてもいいやと思っている方がいるかもしれませんが、アイルランドワーホリは滞在期間をカバーする保険に入らないとビザをおろしてもらえませんので、注意しましょう。

航空券(片道)

航空券(片道) 72350円

航空券はなるべく片道で取ることをおすすめします。
アイルランドへの初めての入国の際には、帰りのチケットを提出することはまずありません。
ワーホリで来る方は特にですが、帰りの航空券は現地で稼いだお金で買うことにして渡航前の出費を抑えましょう。

卒業証明書発行費

卒業証明書発行費 1000円
ワーキングホリデー申請時に必要な書類で、発行費は学校により異なります。
基本的に1000円以下のところが多いのではないでしょうか。
ちなみにまもさんの学校は400円でした。

残高証明書証発行費

残高証明書発行費 880円
ワーキングホリデー申請時に必要な書類で、私はみずほ銀行で発行し880円でした。
銀行によって発行料は多少異なりますがだいたい1000円以下で発行可能です。

証明写真代

証明写真代 800円

ワーキングホリデー申請時に必要な書類で、駅やスーパーの空きスペースにある証明写真機で取ったので800円です。

レターパック代

レターパック代 890円
ワーキングホリデー申請時に必要な書類を送る際と、返信用に520円のレターパックと370円のレターパックを購入しました。

その他雑費

変換プラグ 660円
コンタクト 約1万2000円
日本食 約1000円
予備の化粧品やケア商品 約1万5千円
アイルランド渡航に伴って必要なものを多少購入した際の出費は約2万8660円でした。
ここの値段は個人差がかなりあるかと思いますので参考程度に。
 

気になる合計は?

合計なんと161441円でした!!

めちゃくちゃ安い! こうやって改めてかかった費用を出してみて自分でもびっくりしました。

低予算に抑えられた理由

貯金箱3

・エージェントを使っていない
・ホームステイをしていない
・語学学校に通っていない
・海外保険が低料金
まず、私達が初めてのワーホリではないことが大きいです。
初めて海外に出る方は基本語学学校に通いますし、ホームステイをされるかと思います。
また大手のエージェントや海外保険を契約することで費用がかさみがちです。
エージェントは無料のところもありますし、「アイルランドワーホリ申請方法で解説している通り意外と自分でできるものです。
せっかくのワーホリ・留学ですし、自分で行える部分は挑戦してみることもいいかもしれません。

結局ワーホリにかかる費用っていくら?

貯金箱1

これが初めてのワーホリであれば、まずパスポートを取るところから始まるかもしれないし、エージェント使ったり学校に行ったり、、いくらお金があっても足りないっという状況もありえます。

(過去にしたカナダのワーホリでは初期費用だけで80〜90万使いました)

ワーホリをどのレベルでしたいのかによって費用は大きく変わってきます!
 

無料のエージェントもたくさんありますし、ワーホリ情報を配信してくれるブロガーさんもたくさんいますので参考にしつつ無理のない自分に合ったワーホリプランを立ててください。

おまけ

ちなみに今回アイルランドにはお互い50万円ずつ、計100万円を共有のお金として今現在生活しています。
こちらでの宿泊代や生活費、家を決めた際の家賃やデポジット等でみるみる消えていくのでそろそろ仕事がしたい今日この頃。

アイルランド生活でどのくらいの出費と収入があったかもワーホリ終了後にまとめようと思いますのでお楽しみに。

 

それではまた次回

✌ぴーす✌

コメント

タイトルとURLをコピーしました