【アイルランド】銀行口座の開設方法を完全解説【2020年最新版】

銀行口座−アイキャッチ アイルランド

ハイタイ!
かなえです。

今回はアイルランドの銀行で口座を解説する方法を紹介していきます。

アイルランドの銀行で口座開設したいな。アイルランドのどの銀行で作るのが良いんだろう?必要書類や予約の有無は?

こんな悩みに答えていきます。

 

この記事の内容

・アイルランドで銀行を開く方法
・アイルランドの銀行紹介
・私が実際に銀行口座を開設した流れ

通常ルートで口座開設をすると、1ヶ月半〜3ヶ月程度の時間を要する、アイルランドの銀行口座開設。

その期間を短縮し、簡単に銀行口座をゲットできる方法も紹介しています。

それでは見ていきましょう。

【アイルランド】銀行口座の開設方法を完全解説

ドメインの画像

アイルランドで銀行開設する場合の選択肢は2つ。

・アイルランドの通常の銀行で口座開設
・ネットバンクで口座開設

私がおすすめするのは、「ネットバンキングで口座開設」する方法です。

私は2つの方法で口座開設していますが、それぞれを比べた場合口座開設の手間やコストの面からみても、ネットバンクで口座開設するほうが断然良いです。

しかし注意点もありますので、この後詳しく解説していきます。

アイルランドの銀行【通常の銀行】

オフィス

ここではアイルランドの銀行を紹介します。

アイルランドの銀行

主な銀行は2つ

・Bankof Ireland(BOI)
・Allied Irish Bank(AIB)

どちらもアイルランドでメジャーな銀行で、街を歩いていると必ず目にします。

ちなみに、銀行のカードにはデビット機能がついているのでとても便利です。

Bank of Ireland(BOI)

アカウント名 Personal Current Account
アカウント維持費(4半期) 5ユーロ

BOIで口座開設する場合、一般用のアカウントはPersonal Current Accountと呼ばれ、維持費は4半期で5ユーロ。

ちなみに予約は公式サイトから取れるようです。
動画も載っているので、詳しく知りたい方は覗いてみて下さい。

Bank Of Ireland公式サイト

Allied Irish Bank(AIB)

アカウント名 Personal Current Account
アカウント維持費(4半期) 4.5ユーロ

AIBで口座開設する場合、一般のアカウントはBOIと同じくPersonal Current Accountと呼ばれます。

維持費は4半期で4.5ユーロとBIOより少しお安いので、少しでも節約したい方はAIBで口座開設するといいですね。

詳しくはAIB公式サイトをご覧ください。

⇒Allied Irish Bank公式サイト

実際にAIBで口座開設したときの記事はこちら
この後説明する「Revenueからのレター」でないもので住所証明し、口座開設しているので気になる方はどうぞ。

【AIB】アイルランドで銀行口座を作ってきた!【口座開設方法】
今回はアイルランドの銀行、「AIB」で銀行口座開設をしてきたので、開設の流れを紹介していきます。銀行口座開設のタイミングや、必要書類、予約の有無、アカウントの種類や維持費、所要時間など詳しく解説しています。

 

銀行口座開設方法【通常の銀行】

お金

BOIでもAIBでも、口座開設に必要なプロセスは基本的に同じです。
しかし、同じ銀行でも支店によって多少対応が異なる場合があるようですので気をつけましょう。

必要書類

銀行開設時に必要な書類は2点。

①顔写真付きの身分証明書
②住所証明

この2点さえ揃えば銀行口座を開設することが可能です。

①は、パスポートで大丈夫なので誰でも持っていますよね。

ここで問題なのは②の住所証明。

住所証明になる書類は

・公共料金の請求書
・Revenueからの手紙

おおよそこの2種類になりますが、公共料金の請求書はシェアハウスに住んでいる限りなかなか手に入れることは難しいかと思います。

そのため、基本的には「Revenueからの手紙」を皆さん提出することになるはずです。

Revenue

Revenueはアイルランドの税務署で、税金を管理している場所になります。
Revenueから公式のレターをもらうことで、住所証明として銀行に提出することが可能です。

このRevenueからの手紙を手に入れるには、PPSナンバーの取得が必要で、PPSナンバーの取得には仕事とGNIBカードの取得が必要なんです。

つまり、Revenueからの手紙を手に入れるには1ヶ月半〜3ヶ月の期間を要することになります。

PPSナンバーの取得方法はこちら

【最新版】PPSナンバーの予約から当日までの流れ【手続き当日に帰らされた話】
アイルランドワーホリの方必見!ダブリンでPPSナンバーを取得しました。インターネットでの予約から当日までの流れを詳細にまとめましたので参考にしてください。アイルランドはこういう手続きがかなり面倒です。前もって準備をすることをおすすめします。

GNIBの登録方法はこちら

GNIBの予約からカード受け取りまでを完全解説!【2020年版】
アイルランドに3ヶ月以上滞在する方ってGNIB(外国人登録)が必須なのをご存知ですか?アイルランドワーホリや留学生の最初の難関とも言われるGNIBの予約方法から当日の流れを実際の体験をもとに詳しく解説、また注意点も紹介していきます。

予約方法

アイルランドで銀行口座を開設する場合、予約が必要な場合があります。

同じ銀行でも支店により予約の有無が異なるようなので、自分が開設に行く予定の銀行や支店に直接行って、事前に確認を取ることをおすすめします。

ちなみに私の時は予約不要でした。

銀行にて

①銀行に入り、受付のスタッフに口座を開きたいと言うと案内をしてくれます。
予約がある場合はその旨を伝えましょう。

②個別ブースで、必要書類の提出と名前、電話番号、住所、職場、収入などの個人情報を聞かれます。

③PINナンバーを設定しスタッフの作業が終われば、銀行からPINとカードが3日〜5日で届くと説明され、終了。

特に問題がなければ15分程度で終了すると思います。

アイルランドで銀行開設【ネットバンク】

お金

ヨーロッパで流行っているネットバンク、「Revolut」でアイルランドで使える銀行口座を開設することも可能です。

Revolutとは

ヨーロッパで流行している「Revolut」はイギリスに本社のあるネットバンキング。

・口座開設費 無料
・口座維持費 無料
・日本語対応
・必要書類 GNIBカード

日本語にも対応しており、アイルランドに来ている人はGNIBカードが取得できれば口座を「無料」で開設することが可能です。

更に、アカウント維持費も「無料」。

アイルランドの銀行はアカウント維持費がかかるため、無料で開設・維持できるのはとても魅力的。

Revolutで口座開設

Revolutはネットバンクなのでネット環境さえあればいつでもどこでも口座を開設することが可能です。

以前の記事でRevolutの開設方法を詳しく解説しているので、詳しくはそちらをご覧ください。

【Revolut】アイルランドで簡単に開設できるネット銀行があるの知ってる?
今回はイギリスを中心に世界で人気のネットバンキングRevolut(レボリュート)についてです。アイルランドワーホリや留学生が行う銀行開設をRevolutでしたほうがいい理由や、開設方法、Revolutの注意点を紹介しています。

【アイルランド】銀行口座の開設方法を完全解説まとめ

分かれ道の画像

アイルランドで口座開設するなら

・アイルランドの通常の銀行で口座開設
・ネットバンクで口座開設

アイルランドの銀行

・Bankof Ireland(BOI)
・Allied Irish Bank(AIB)

ネットバンク

・Revolut

必要書類

・パスポート or GNIBカード
・住所証明

アイルランドで銀行口座を開設するには、基本的にGNIBの登録を済ませ、カードを取得してからでないと難しいです。

私のおすすめは簡単に開設できるRevolut。

しかし、雇用先の給料振込の口座にRevolutが対応していない場合もあるので確認してから口座を作る事をおすすめします。

いかがでしょうか?

皆さんのお役に立てれば幸いです。

それでは次の記事で
✌ぴーす✌

コメント

タイトルとURLをコピーしました