【AIB】アイルランドで銀行口座を作ってきた!【口座開設方法】

AIB銀行口座解説方法−アイキャッチ アイルランド

ハイタイ!

かなえです。

今回はアイルランドの銀行、「AIB」で口座開設する場合の方法を紹介します。

実際に店舗に行ってどのような流れで銀行口座を開設したか皆さん気になりますよね。
私達の体験談を詳しく解説していきます。

この記事の内容

・AIBで口座開設する際に必要な書類
・口座開設の実際の流れ

それでは見ていきましょう。

【AIB】アイルランドで銀行口座を作ってきた!

財布

今回家の近くにある「AIB」というアイルランドの銀行で口座開設をしてきました。

アイルランドは到着後の手続きが多く、銀行解説までの道のりも長いです。

基本的には

①GNIB / 外国人登録
②PPSナンバー取得
③レベニュー登録
④銀行口座開設

という順番でしか手続きができないと言われているんです。

私達もレベニューの手続き完了後に銀行口座を作ろうと考えていたんですが、ひょんなことからPPSナンバーを取得する前に口座開設をすることができました。

その過程を今回紹介していくんですが、銀行や支店によって必要書類などが異なるようなので、参考までにご覧ください。

AIBで銀行口座開設するときに必要な書類

書類

今回私達が持っていった書類は以下の2点。

・パスポート
・GNIBカードが郵送されてきたレター

本来、銀行口座開設には顔写真付きの身分証明書
また、住所を証明するものとして

・公共料金の請求書
・レベニュー(税務署)からの手紙
・保険会社や金融機関からの手紙

が必要であると、どのブログやサイトを見ても書かれていました。

でも、ふと思ったんです。
PPSのナンバーの手続きではGNIBのレターが使えるはずなのに、なんで銀行口座開設には使えると書いていないんだろう?と。

GNIBからのレターもアイルランドの公的機関から送られてきた正式な手紙なので、使えるんじゃないのかなー?と思い立ったのがPPSナンバーのアポ日前日。

どうせ、銀行口座開設には予め予約が必要と書かれていたので、予約ついでに書類を持っていってGNIBのレターが住所証明になるか聞いてみたわけです。

結果、GNIBのレターで口座開設オーケーでした。

この時、銀行スタッフさんに

・手紙に日付が入っているか
・パスポートのスタンプ

について確認されました。

残念ながらGNIBのレターには日付が入っておらず、無理かな?と思ったんですが、スタッフさんが一度奥に確認しに行き、その後オーケーが出ました。

GNIBカードが届いた際のレター(カード)あれば銀行開設できるのはネットバンキングのRevolutと同じなので、どちらを開設しても良さそう。

ちなみに私の場合、Revolutがバイト先に給料振込先に対応していなかったため、今回AIBも開設しました。

 

銀行口座開設の実際の流れ【AIB】

分かれ道の画像

パスポートとGNIBのレターで口座開設できることがわかったので、実際に口座開設の予約をとり、手続きを行っていきます。

銀行口座開設、予約が必要?

結論を言うと、今回は必要ありませんでした。

必要書類の確認後に予約を取りたいと言ったところ、「今できるよ」とのことで、口座開設の手続きへ。

私達は郊外に住んでおり、家の近くの小さなAIBの支店で手続きをしたので予約は必要なし。しかし、シティだと予約が必要なところもあるようなので注意しましょう。

個別ブースで手続き

今回作ったのが、「Current Acount」という一番ベーシックなものです。
このアカウントは4半期に1度4.50ユーロの口座維持費がかかりますが、アイルランドの銀行はどこも同じようなものなので仕方なし。

学生の場合は学生用のアカウントがあり、口座維持費も安いようなので、学生証などを持っていくといいと思います。

口座開設時に聞かれる、決めること

・名前、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報
・現在の収入
・PINを5桁選択

スタッフさんに以上の事を聞かれ、約15分程度で口座開設ができました。

口座開設後

銀行での手続きが終わると、カードやアカウントのPINが2〜3日後に登録した住所に送られてきます。

これを受け取ったら口座開設の全工程が終了となります。

アイルランドで銀行口座を作ってきた!【まとめ】

ドメインの画像

AIBで口座開設に必要な書類

・パスポート
・GNIBのレター

アカウントの種類

・Current Acount
(維持費 4半期 : 4.50ユーロ)

所要時間

約15分

インターネットで調べると、サイトやブログからいろいろな情報を得ることができますが、情報や状況は変わっていくものです。

今回、自分自身でしっかり確認してみることも大切だということを学べました。

私自身も情報をブログで発信していますが、情報だけが全てではないので皆さんも気になることは自分自身の足を使って確認してみて下さい。

それでは次の記事で
✌ぴーす✌

*余談*

AIBで口座開設したのは良いんですが、登録されていた名前にミスがありました。

私の名前、「Kanae」が「Kanye」に、、、。

アカウントに登録されている情報に誤りがあると後々面倒なことになりかねないので、すぐに銀行へ。

その場ですぐ変更してもらえましたが、パスポートなども提示しているのに、さすがに名前を間違えるミスはないだろ、と思いました。

GNIBカードでは生年月日のミス、PPSナンバー申請でも書類不備、銀行開設まで名前のミス、、、とことんアイルランドに好かれていません笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました