【ダブリンで画材・手芸屋巡り】アイルランドでハンドメイドを始めたい!

アイルランド画材手芸屋めぐりのアイキャッチ アイルランド

ハイタイ!

かなえです。

アイルランドに来て3週間。

そろそろものづくりがしたくなってきた今日この頃。

アイルランドは近年アートやクラフトに力を入れ、アイリッシュデザイン等と呼ばれ観光客にも人気になっていますよね。

町中にもおしゃれな雑貨屋さんが溢れています。

そんなアイルランドでハンドメイド活動をするために

画材・手芸店巡りに行ってきました!

今回はダブリン1、シティセンター周りのお店です。

早速見ていきましょう

ダブリンにある画材店

まずは画材店から紹介していきます。
今回は3つのお店を見てきました。

Evans Art Supplies

手芸1の画像

アイルランドを代表するアート&クラフトショップ。
1910年に創業、4世代に渡る家族経営をしているようです。

かなり歴史のある画材屋さんですね。

こちらのお店は狭い路地にはいった先にあるためわかりづらいです。
しかもちょっと薄暗いのでお店に入るのに勇気がいりました笑

店内の様子

手芸2の画像
手芸3の画像

手芸4の画像

手芸5の画像

店内はかなり専門店的な雰囲気。
平日の15時頃に行きましたが、意外とお客さんも多く賑わっていました。

支払いがカードの場合、€5以上から。

ロケーション
5 – 6 Meetinghouse Ln, Mary’s Abbey, North City, Dublin 7, D07 YP89

営業時間

・月曜〜金曜日 9時〜17時30分
・土曜日    10時〜16時

*日曜日はお休みです。

Art and Hobby

手芸6の画像

アートやクラフト以外にもおもちゃや教育製品も扱っているお店。
入り口付近には子供向けの商品が数多く置かれているので画材店という印象は薄いです。

こちらの店舗はジャービスショッピングセンター内にあります。

店内の様子

手芸7の画像手芸8の画像

手芸9の画像

1店舗目とは異なり、かなりファンシーな店内。
店内の真ん中あたりに多くの画材が置いてありましたが、他のお店に比べると品揃えはいまいちかな。
子供向けの商品がかなり割合を締めていますが、それでも十分な量の商品があります。

ショッピングセンター内にあるので、店内はかなり開けた作りで入りやすいです。

ロケーション
Unit 4, Jervis St, North City, Dublin 1

営業時間

月曜日〜水曜日 9時30分〜18時30分
木曜日     9時30分〜20時
金曜日・土曜日 9時30分〜18時30分
日曜日     12時〜18時

eason

手芸10の画像

1819年に創立され、これまでアイルランドと北アイルランドで60店舗以上を構える会社。
幅広い書籍や新聞、雑誌、グリーティングカード、文房具を取り揃えています。

お店は地下1階から3階まで、画材売り場は2階です。

一番最初にここへ来た際、1階が完全に本屋さんになっていたので画材が売っていることに気づきませんでした。

店内の様子

手芸11の画像

手芸12の画像手芸13の画像

手芸14の画像

手芸15の画像

かなり広々とした店内。
画材屋さんというよりは、日本で言う「東急ハンズ」みたいなお店です。
とはいえ、東急ハンズのように何でも売っているわけではないのでそんなに期待しちゃダメです笑

ロケーション
40 O’Connell Street Lower, North City, Dublin, D01 PY90

営業時間

月曜日〜水曜日 8時〜19時
木曜日     8時〜21時
金曜日     8時〜20時
土曜日     8時〜19時
日曜日     12時〜18時

画材店まとめ

画材店3店舗行ってみての感想まとめです。

・画材専門にに特化した「evans」
・ギフト選びにも向いている「Art and Hobby」
・幅広く見て回りたいなら「eason」
画材だけをとにかく見たいと言う場合はevansがおすすめです。
画材に特化したかなり多くの商品を取り扱っています。

子供向けの画材やおもちゃを選ぶならArt and Hobbyがいいと思います。
そこまで専門な画材を求めていないならここで十分です。

easonは本から画材、ギフト商品にメッセージカード、音楽関連の商品、カフェも併設されているのでここに来れば大体のものが揃います。
色々見てまわりたい人はここに行きましょう。
以上でダブリン1にある画材店紹介は終了です。
続いて、手芸店を見ていきましょう!

ダブリンにある手芸店

今回は2つのお店を見てきました。

WM Trimmings

手芸16

1888年に創業しており、当時からウールと織物のニーズをダブリンに供給しているそうです。
店の外観から手芸店であることがわかりますね。
とってもポップな外観で目を引きます。

店内の様子

手芸17の画像

手芸18の画像

手芸19の画像

手芸20の画像

店内はさほど広くなく全体的にごちゃっとした印象を受けます。 
ですが、広くない店内に多くの商品が陳列されています。
私は刺繍糸を使うため、このお店に多くの色が置いてあって本当によかった!

ロケーション
137 Capel St, North City, Dublin, D01 R3H7

営業時間

月曜日〜土曜日 9時30分〜18時

*日曜日はお休みです

HICKEYS

手芸21の画像

1940年に創業し、現在アイルランド全土に16店舗を構える。
HPからオンラインでの購入も可能で、豊富な品揃えがあります。
一階部分は雑貨やインテリアが空いてあるため、手芸店ぽさはなし。

店内の様子

手芸22の画像

手芸23の画像手芸24の画像

手芸25の画像

手芸26の画像

店内は地下1階から2階まであり、2階に毛糸やインテリア用の生地が置いてありました。
地下1階には、綿やフェルト、レース、ウール等幅広い生地が取り揃えられています。
少ないですがミシンも置いてあり、日本で言うユザワヤのようなお店です。
ここに来れば大体の手芸用品が揃います。 

ロケーション
5 Henry St, North City, Dublin 1, D01 AP04

営業時間

月曜日〜水曜日 9時30分〜18時
木曜日     9時30分〜20時
金曜日・土曜日 9時30分〜18時
日曜日     12時〜18時

クリスマスと元旦はお休みです。

手芸店まとめ

手芸店2店舗行ってみての感想です。

2店舗ともに品揃えが良い
日本より高めの価格設定
アイルランド特有の商品はあまり見かけない

2店舗とも私が想像していた以上の品揃えでした。
ただ値段が日本よりも高いのでお財布的にしんどいです笑。
日本の手芸店は優秀なんだなとカナダのときにも思いましたが、アイルランドでも実感しました。

それでも十分すぎるほどの品揃えなので、アイルランドでも問題なくハンドメイド活動ができそうです。

ダブリンで画材店・手芸店巡りをするなら

今回紹介した5店舗はそれぞれのお店がかなり近くにあるので、1日でまわることが可能です。

一番離れているeasonとevansでも歩いて10分程度!

このあたり一体にはショッピングセンターやカフェなどが多くあるので、疲れたらランチやお茶タイムをはさみながらまわることをおすすめします。

手芸店の周り方の画像

画材・手芸店紹介はいかがでしたか?

アートやハンドメイド活動をしているあなた

また、今から始めるあなたも

ぜひ画材・手芸店巡りを楽しんで下さい!

それではまた次の記事で

✌ぴーす✌

コメント

タイトルとURLをコピーしました