【ギネスストアハウス】ダブリンでギネスビールを楽しむ【予約方法】

ギネスストアハウス−アイキャッチ アイルランド

ハイタイ!
かなえです。

今回はアイルランドの首都ダブリンの有名な観光地「ギネス・ストアハウス」の工場見学に行ってきたお話をご紹介します。

せっかくダブリンに来たからにはギネス・ストアハウスに行ってみたい。だけど見学にかかる料金や時間はどれくらいなんだろう?そもそも予約はどうするの?

こんな疑問に答えていきます。

この記事の内容

・ギネスストアハウスの紹介
・ギネスストアハウスの予約方法
・ギネスストアハウスの工場見学内容・所要時間

【ギネスストアハウス】ダブリンでギネスビールを楽しむ

ギネス看板

ダブリンの観光地として有名であり、人気のある「ギネス・ストアハウス」
まずはギネス・ストアハウスの魅力を簡単に紹介します。

 

・1904年にホップの貯蔵所として建てられた工場を見学できる
・アイルランド発祥ギネスビールの製法を学べる
・ギネスビールの味わい方・注ぎ方を教えてもらえる
・ダブリンで一番高いバー「グラビティ・バー」でギネスを堪能できる
 

ビールが好きな人にはたまらない見学内容になっているのではないでしょうか。

何よりも、歴史ある工場の最上階「グラビティ・バー」から見えるダブリン市街を眺めながら飲むギネスは堪らないはず。

さて、ギネスストアハウスに行きたくなって来ましたか?
それでは詳しく見ていきましょう。

ギネスストアハウスの紹介

ここではギネスストアハウスについて簡単に紹介していきます。

ギネスストアハウスとは

ギネスストアハウスは、アイルランドのダブリンにあるセントジェームズゲート醸造所の観光名所です。[1] [2] 2000年の開業以来、2,000万人を超える訪問者が訪れました。 [3] [4]

出典元 : ウィキペディア

もともとギネスビールの醸造所だった工場を観光地化したのがギネスストアハウスです。
調べてみて初めて知りましたが、2000年に開業したばかりなんですね。

所在地・行き方

ギネスストアハウスはダブリン8にあります。

ダブリンの中心地にあるテンプルバーエリアから徒歩でも行ける距離です。
私達はダブリンの街を散策しながらギネスストアハウスまで歩きました。

テンプルバーから

・徒歩 約20分
・バス 約12分

営業時間

通常 9:30〜19:00(最終受付17:00)
夏季6月〜8月 9:30〜21:00(最終受付19時)

意外と夜まで空いているので、最終受付ぎりぎりの時間で予約を取りダブリンの夜景を楽しみながらギネスを堪能するのもありですね。

料金・予約方法

ギネス予約画面

料金はこの通り。
オンラインで予約を取ると最大25%の割引が適用されるようです。

ギネス予約画面

ちなみにこちらは実際のオンライン予約画面。
人数と時間帯、オプションの有無まで選択すると最終的な料金が表示されます。

ギネスストアハウス公式予約画面

大人料金だと19.5ユーロ〜になっており、日にちや時間帯によって料金が変わります。

料金に含まれるもの

・入場料
・1パイント(560ml)のギネスビール
少し高いかなと思う料金ですが、1パイント分のギネスが付いてくるので少しお得に感じますね。

見学の所要時間

・1時間〜2時間

工場内見学はかなり適当な形です。
予約時に時間を指定しているので、グループになって工場内を見学するのかと思いきや適当に自分たちの好きなように進むことができます。

そのため所要時間にはかなり個人差が出ます。
もちろん混み具合にもよりますが、ギネスビールを飲む事を考えても早い人であれば1時間ほどで回れるのではないでしょうか。

ちなみに私達は1時間30分程度かかりました。

【ネタバレ】実際の見学コース

実際に私達が体験したギネスストアハウスの工場見学の様子をご紹介。

ギネス

ギネス外観

ギネスビールの歴史を体感

ギネスビールがどのように作られているのかを学ぶことができます。

展示品3

展示品

工場内はテーマパークにある1つのアトラクションのようになっており、英語があまり得意でない私でも楽しむことができました。

時計

麦

一番のお気に入りはこの魚。
ちょっと不気味な魚が何故か自転車を漕いでいます。

自転車魚

ギネスの飲み方・注ぎ方講座

工場見学の終盤になるとギネスビールの味わい方を学べる部屋に入ることができます。
入場待ちの人で列になっていましたが、10分も待たずに入場できました。

小さなグラスに注がれたギネスをどのように飲むのか説明してくれていましたが、ぶっちゃけ半分くらいは理解できていなかったので、飲み方はマスターできませんでした笑

飲み方講座が終わり、また上へと進んでいくと注ぎ方講座をしてくれる部屋があります。
ここで入場料に含まれるギネスを自分で注ぐか、グラビティ・バーに行きバーテンダーに注いでもらうかを選べます。

ギネスビール

もちろん私達は注ぎ方を教えてもらいました。
せっかくの機会なので、やらせてもらえることは全部やる精神です。

ちなみにこの注ぎ方講座をしてくれる階にギネスビールの泡に自分の写真をプリントしてくれるサービスもあります。

お値段6.5ユーロで、オンライン予約時でも、現地でも支払い可能です、
しかし、入場料に含まれるギネス1パイントにプラスでまた1パイントのギネスを飲むことになるので、飲みきれる自信のある方だけにしましょうね。

ギネスビール顔

私達はプリントサービスをオンラインで予約していたんですが、トータル1リットル以上のギネスに悩まされました笑

そしてなんとも言えない写り、、、。

グラビティ・バーでギネスを堪能

私達はプリントサービスを利用したので、自分で注いだビールは注ぎ方講座の部屋で飲み自分の顔がプリントされたギネスを片手にグラビティ・バーへ。

いつもどおりの曇りでしたが、雨じゃなかっただけ良しとしましょう。

ギネスからの景色

曇ったダブリンを眺めながら自分の顔がプリントされたギネスを飲むというなんともシュールな図。
そんなにお酒は強くないんですが、この日はほとんど酔えずじまい笑

ギフトショップでお土産購入

グラビティ・バーでギネスビールを堪能した後、1階にあるギフトショップを見て回りました。

自転車魚T

私お気に入りの魚ティもありましたが、購入は見送りました。
これを買って実際に着る勇気はなかったです、、、

結構広いのでゆっくり回って酔を覚ましましょう。

【まとめ】ギネスストアハウスについて

ギネス    

ギネスストアハウスは、工場というだけありもっとシンプルな作りの場所かと思いましたが、館内はテーマパークのアトラクション感がありとてもポップな作りです。

そのため、ビールが苦手な私でも楽しむことができました。

もちろん初めに言ったようにビール好きには堪らない見学内容かと思います

・1904年にホップの貯蔵所として建てられた工場を見学できる
・アイルランド発祥ギネスビールの製法を学べる
・ギネスビールの味わい方・注ぎ方を教えてもらえる
・ダブリンで一番高いバー「グラビティ・バー」でギネスを堪能できる
ビール好きな方もそうでない方もダブリンに行きからにはぜひ足を運んで欲しいところ。
でも、ギネスストアハウスを観光する前に以下の事を確認しておきましょう。
・前もってオンライン予約をすることで割引対象またスムーズに入場可能
・ビールへのプリントサービスなどオプションメニューも要チェック
・所要時間は自分のお酒を飲むスピードも考慮しよう

 

いかがでしたか?

ビールが苦手な私でも楽しめたので、ビールが苦手で行くか迷っている方はぜひ足を運んでみて下さい。

ただどうしてもお酒メインの見学になるので、無理はせず飲み過ぎには注意しましょう。

それでは次の記事で
✌ぴーす✌

コメント

タイトルとURLをコピーしました