【ダブリン】新スタイルの家電量販店「Argos」での注文方法と店内の様子

Argos−アイキャッチ アイルランド

ハイサイ!
まもです。

先日ダブリンにある家電量販店「Argos」でサーフェイスの充電器を購入してきました。

Argosは新スタイルの家電量販店で、商品を手に取って見ることができません。

店内にあるのはカタログ、商品を注文するためのパソコン、支払いを済ませるための機械。この3つになります。

「どやって注文するの?」独特の商売スタイルに戸惑う人も居ると思います。私がそうでした。

今回はその注文方法の悩みを解決出来るように記事で解説していきます。

ダブリンにある家電量販店「Argos」とは?

[Argos]とは店舗とオンラインの2つで営業をしている英国最大の総合小売り業者の1つです。
Argosはどこにでもありますのでアイルランドで家電量販店を探すとほぼ間違いなく目にすることでしょう。

従来の、「商品を手に取ってレジまで持っていくスタイル」ではなく、カタログで欲しい商品を決めて
小さな紙に商品番号を記入します。そしてその商品番号が記入された小さな紙を支払い所まで持っていきそこで清算します。清算が完了されるとスタッフが店の奥にある倉庫から商品を持ってきてくれます。

後ほど画像付きで詳しく解説します。

お店の外観

アルゴスの外観

ご覧の通り、店内にパソコンや髭剃り、電子辞書などの商品は何も展示していません。
商品は全て奥の倉庫にあるそうです。

Argosの場所

Argosはアイルランドに店舗がたくさんありますので、Google Mapで検索すれば簡単に見つかります。
私はダブリンに住んでますのでJervis Shopping Centerの中にあるArgosで購入しました。

家電量販店「Argos」での注文方法・検索方法

冒頭でも述べた通り、今回私はサーフェイスの充電器を購入しましたのでその時の画像を使って説明します。

注文の一連の流れ
・カタログで商品を探す
・パソコンを使い商品名を検索
・欲しい商品を選択
・商品番号を紙に記入
支払い~商品受け取りまでの一連の流れ
・支払い場所に移動し、商品番号を打ち込む
・画面に出てきた商品を商品かごに入れる
・支払いを完了させる
・注文番号の書かれた紙を受け取る
・順番が来るまで待ち、注文番号が呼ばれたら紙と引き換えに商品を受け取る

カタログで欲しい商品を探す ※スキップ可能

アルゴスのカタログ画像

出典:Financial times https://www.ft.com/content/8b8a3d96-d819-11e6-944b-e7eb37a6aa8e

画像のように分厚いカタログがパソコンの前に2冊あります。
その中から自分の欲しい商品を探しましょう。※欲しい商品が決まっているときはこのステップは省略可能です。その場合はすぐに目の前のパソコンに商品名を打ち込みます。

パソコンで欲しい商品名を検索

PC注文の画像

赤枠の「Touch here to search by word」の所に欲しい商品名を打ち込みむ。
打ち込んだらENTERをタッチ。
私の場合は「surface go」で検索をかけました。

候補が出るので欲しい商品を選択

アルゴスの画像

検索ワードに応じて商品の候補が出力されるので欲しい商品をタッチします。
ここで”Sorry”と出ていますが売り切れているわけではないので安心を。
私の場合は左側の「Power Supply」を選択しました。

商品番号を紙に記入

アルゴス2の画像

画面の右上に商品ナンバーが出てきますのでそれを小さい紙に記入します。
紙と鉛筆はカタログの近くに用意されています。
「Quantity」は数量のことですので欲しい数だけ記入。
私の場合は1つ必要でしたので「1」と記入。

支払い方法 → 商品を受け取るまでの流れ

欲しい商品が見つかり、商品番号を記入したら後は支払って受け取るだけです。
注文する際に使うPCと支払う際に使うPCは別の場所にあるので説明していきます。
カードで支払う場合は機械を、現金で支払う場合はカウンターに行きます。
今回はカードで支払う場合の方法を説明します。

支払い所の画像

紙に商品番号を記入したら「Quick Pay Here」でお会計を済ませます。

支払い機に商品番号を打ち込む

支払い2の画像

先ほど紙に記入した商品番号を、今度はここの機械に入力します。
写真では分かりづらいですが、この機械は「Quick Pay Here」の下にある機械になります。

商品をかごに入れる

商品かごに入れる画像

商品番号を打ち込んで出てきた商品が、欲しい商品と一致していたら「ADD TO TROLLEY」かごに入れます。

選択肢の画像

他にもかごに入れたい商品がある場合は「CONTINUE SHOPPING」、支払い画面に行く場合は「GO TO CHECKOUT」をタッチします。

商品の支払い

支払いの画面

写真の様にどちらかの支払い方法を選択し、お支払いを完了させて下さい。

注文番号をGET

注文番号の画像

支払いが完了すると、画面に「Payment complete!」表示されると同時に、左下の赤い四角で囲っている所に注文番号が書かれた紙が出てきますので忘れずにとりましょう。

注文番号1の画像

注文番号はこんな感じ。私の場合は「313」が注文番号になります。

商品の受け取り

テレビの画像

天井にぶら下がっているテレビに「注文番号」と「注文状況」が出てきますので準備ができるまで待ちます。
商品引き渡しの準備ができたらアナウンスで注文番号が呼ばれますので取りに行くだけです。
私の場合は5分もしないうちに呼ばれ、注文番号の書かれた紙を渡したら商品を受け取ることができました。

Argosで買い物をしてみての感想

結論から言いますと、「とても便利だな」と思いました。

私が思うメリット
お客様の視点から見ると、広い店内から商品を探す手間がない

お店の視点から見ると、人件費が削減できる。
お客様とお店側のどちらにとってもメリットの方が大きいのではないでしょうか。

しかしながら一方で、デメリットも感じました。

今回、目的がサーフェイスの充電器の購入でしたので実際に手に取る必要がない商品でした。
その様な場合は問題ないのですが、例えばPCや髭剃り、電子辞書を購入したい人は、商品を軽く使ってみて購入するかどうかを決めると思います。しかしArgosでは”実際に手に取って商品を見定めることが不可能”となっており、そういう方にとっては少し不便なシステムになっているように思います。

【余談】Currys PC World

アイルランドの家電屋さんで実際に手に取って買い物をしたいという方には「Currys PC World」に行ってみてください。同じショッピングセンターの中にあるのでそちらに行って実際に手に取って検討することをお勧めします。※主にPCを販売しているお店になります。
Currysは一般的なスタイルで、欲しい商品を見つけたらそれをレジに持っていくだけになります。
実際にCurrysでクロームブック(ノートパソコン)を購入しましたが難しいことは一つもなく購入できました。

というわけで、今回は「Argos」での購入方法について記事をまとめてみました。
参考になれば幸いです。

ではでは。
✌ぴーす✌

コメント

タイトルとURLをコピーしました