【紙刺繍】アイルランドでハンドメイドを始めたい#1【ポストカード】

アイキャッチ アイルランド

ハイタイ!
かなえです。

アイルランド留学・ワーホリ中でもできるハンドメイドを紹介シリーズ第一弾!!
今回は紙刺繍で作るメッセージカードについて書いていきます。

ダブリンで気に入ったポストカードが手に入らなかったから、こっちで買った材料で日本の友人や家族に送る、アイルランドにちなんだデザインのポストカードをつくってみました〜!

この記事の内容

・必要材料
・作り方解説
・材料の購入場所
この記事を書いている私はこんなひと
小さい頃から小物づくりをはじめとする手芸をして育つ。
大学ではファッション(服作り)を専攻し、服作りを勉強しながらオーダーメイドのドレスアトリエで見習い。アクセサリーからぬいぐるみの衣装、編み物、ドレス制作まで何でも好き。

それでは見ていきましょう!

【紙刺繍】羊のポストカード

今回作ったポストカードはこちら。

ポストカード

アイルランドのイメージがあるかわいいものをデザインに使いたかったので羊をセレクト。

羊の体と、アイルランドの国旗だけ刺繍をしています。

自分で言うのもなんですが、シンプルなデザインにもこもこの羊が可愛いなぁと思います。

【作り方1】羊を紙に刺繍をしてみよう

必要材料

・鉛筆やシャーペン
・黒マーカー
・生成り色の刺繍用毛糸
・刺繍針
・ポストカード

刺繍の手順

1.ポストカードに下書きを書く

この下書きは鉛筆やシャーペンでかるーく書きます。

ポストカード

2.顔の部分だけ先にマーカーで塗りつぶす

顔は体のバランスを見るために先に黒く塗りつぶしてしまいます。
体は下書きの状態で刺繍していくのでそのままでOKです。

ポストカード

3.生成り色の毛糸を刺繍針に通す。

毛糸用の刺繍針では太すぎるため、通常の刺繍針を使用してください。

ポストカード

4.「フレンチノット」で刺繍していく

糸を通したいところにあたりをつけて、まず針で穴を開けます。
そこに針を通し、フレンチノットで羊をもこもこを刺繍していきます。

ポストカード

 

ポストカード

5.体のバランスを見ながら、もこもこ部分を全てフレンチノットで埋めたら糸処理

糸が始まったところと終わった所を近くなるように刺繍を終わらせ、硬結びします。

ポストカード

6.足を書く

糸処理まで終わったら体のバランスを見て足を書きましょう。

ポストカード

これで羊の刺繍は完了です。

【作り方2】アイルランドの国旗を紙に刺繍してみよう

必要材料

・鉛筆やシャーペン
・黒マーカー
・緑、白、オレンジ色の刺繍用毛糸
・刺繍針
・ポストカード

刺繍の手順

1.ポストカードに下書きを書く

シャーペンでかるーく下書きを書く。

ポストカード

2.下書きの上下に予め穴をあける

羊のときとは違い、下書きの線に沿って予め等間隔に穴をあけます。
きれいに仕上がるかどうかの重要な部分ですので慎重に!

ポストカード

3.まずは緑の刺繍用毛糸で「ストレートステッチ」していく

上下の穴にストレートステッチをしていきます。

ポストカード

4.次に白の刺繍糸に変え、同じくストレートステッチ

糸を変えるとき、糸は4センチ程度余裕を持って切りましょう。

5.最後にオレンジの糸に変え、ストレートステッチし糸処理

最後までストレートステッチが終わったら、羊の時と同じく方結びで糸処理をしていきます。 

ポストカード

ポストカード

これで国旗の刺繍は完了です。

羊の色を買えると雰囲気が変わって楽しいですよ。

ポストカード

紙刺繍する際に気をつけたいこと

・力を入れすぎず、丁寧に作業
・ポストカードは硬すぎ、柔らかすぎないものを選ぶ
・裏側を意識して刺繍

紙に刺繍をしていくので、一度破けてしまうと紙をもとに戻すことはできません。
そのため慎重に穴を開け、糸を通していく必要があります。

また、紙が破けてしまうのを防止するために刺繍するポストカードは硬すぎ柔らかすぎないものを選びましょう。

私は着色もするので、水彩画ようのポストカードを使用しています。

紙刺繍は裏側にガッツリ刺繡のあとが見えてしまいます。
そのためなるべくきれいに仕上げるため、表だけでなく裏側も意識して刺繍していくときれいに仕上がります。

今回刺繍した羊は近い場所に穴をあけるため、特に慎重な作業が必要です。

【アイルランド】ダブリンで材料購入

アイルランドで刺繍糸などの材料を購入する場合の手段

・Amazonなどの通販
・店頭に買いに行く

通販を利用する場合、Amazon,ukの利用が一番簡単かと思います。
豊富な品揃えですし、送料無料の場合もあります。

アイルランドのハンドメイドショップでもオンライン通販をしているところがあるので、買いに出かけるのが面倒くさい方は通販を利用して下さい。

店頭に買いに行く場合、ダブリンにある手芸屋さんについて以前の記事で解説していますのでそちらのお店を参考にしてみて下さい。

店頭に買い物に行き、実際に商品を眺めていると制作意欲もわきますし、デザインが浮かびやすいので私は店頭に買い物に行く派です。

いかがだったでしょうか?
私の紙刺繍は独学なので、これが正しいよといったことはなく、自分なりにやりやすいように工夫して制作しています。

この記事を参考に紙刺繍のポストカードを作ってみようという人は、私のやり方にとらわれず自分のやりやすいように工夫してみましょう。

それでは次の記事で
✌ぴーす✌

コメント

タイトルとURLをコピーしました