【英語】スティーブジョブズの伝説のスピーチから学ぶ【英文フレーズ】

ステーブジョブズスピーチ−アイキャッチ 英語学習

ハイサイ!
まもです。

今回は私が実際に、スティーブジョブズの伝説のスピーチから学んだ単語や熟語や英文フレーズをシェアします。
要所要所を切り取り、その英文から抑えておきたい単語や熟語をピックアップして解説していきます。

動画を再生させながら一緒に下にスクロールしていくと勉強しやすいと思います。

【英語】スティーブジョブズの伝説のスピーチから学ぶ

このスピーチは、2005年にスタンフォード大学で行われた卒業生のためのスピーチになります。

引用元:youtube.com

スティーブジョブズのスピーチから学ぶ 【始めの挨拶】

I’m honored to be with you today for your commencement from one of the finest universities in the world.
Truth be told, I never graduated from college.

今日、世界最高峰の大学の一つを卒業される皆様と同席することができてとても光栄です。
実を言うと私は大学を卒業しませんでした。

be honored to : ~できて光栄である
commencement  : 卒業式 
graduated from : ~を卒業する

The first story is about connecting the dots.【点と点を繋げる】

 スティーブジョブズの画像 

dropped out of Reed College after the first 6 months.
but then stayed around as a drop-in for another 18 months or so before I really quit.

私はリード大学を最初の半年で中退しました。
でも本当に辞めてしまうまで18ヶ月くらいは聴講生として居座っていたんです。

dropped out of : ~を中退する、途中でやめる
stay around : 去らずに居続ける

 

My biological mother was a young, unwed graduate student.
and she decided to put me up for adoption.
She felt very strongly that I should be adopted by college graduates.

私の産みの母は若い未婚の大学院生でした。
そして彼女は私を養子に出すことに決めたのです。
彼女(産みの母)は私が大学を卒業した親(引き取り側の親)の養子になるべきだと強く思っていました。

biological : 生物学的な、生物学上の
unwed : 未婚の
graduate student : 大学院生
adoption : 養子縁組
adopt : 養子にする

Except that when I popped out they decided at the last minute that they really wanted a girl.
So my parents, who were on a waiting list, got a call in the middle of the night.

私がポンッと生まれると、土壇場になってやっぱり女の子が欲しいと言い出したこと以外は。
こうして、順番待ちリストに載っていた私の両親のところに真夜中に電話がかかってきたのです。

at the last minute : 土壇場で
waiting list : 順番待ちのリスト

She only relented a few months later when my parents promised that I would go to college.

数ヶ月後、私の両親(引き取りの親)が私を大学へ行かせると約束して初めて彼女(産みの親)は態度を軟化させました。

relent : 態度を軟化する、折れる

But I naively chose a college that was almost as expensive as Stanford.
and all of my working-class parents’ savings were being spent on my college tuition.

でも私は世間知らずに、スタンフォードとほとんど同じくらい学費がかかる高い大学を選んでしまったのです。
そして労働者階級である私の両親の貯金は全て私の大学の学費に消えていったのです。

naively : 無邪気に、世間知らずに
working-class : 労働者階級の
savings : 貯金、貯蓄
spend on : 時間やお金を~に使う
tuition : 授業料、学費

 
So I decided to drop out and trust that it would all work out OK.
It was pretty scary at the time.
but looking back it was one of the best decisions I’ve ever made.
The minute I dropped out I could stop taking the required classes that didn’t interest me.

だから私は中退を決意し、全てがなんとかなると信じることにしたのです。
その時はかなり怖かったです。
でも振り返ってみるとそれは私が下した決断の中でベストな決断の一つになりました。
中退した瞬間から興味の無い必修授業を取るのをやめ、それによりもっと面白そうな授業に顔を出し始めることができたからです。

work out : 何とかなる、うまくいく
scary : 恐ろしい、怖い
look back : 回顧する、過去の出来事を振り返る
interest : 関心を持たせる、興味を引く

 
I returned coke bottles for the five cent deposits to buy food with.

食べ物を買うため5セントの預り金を返してもらう為にとコーラの瓶を返却していました。

deposit : 保証金

 
And much of what I stumbled into by following my curiosity and intuition turned out to be priceless later on.
Let me give you one example:
Reed College at that time offered perhaps the best calligraphy instruction in the country.
Throughout the campus every poster, every label on every drawer, was beautifully hand calligraphed.

そして好奇心と直感に従った結果として遭遇してきたことのほとんどは、後になってお金では買えない程価値のあるものになったのです。
1つ例を挙げましょう。
その当時リード大学はおそらく全米一のカリグラフィー(アルファベットの書道)教育を提供していました。
大学内のポスターや引き出しに付いているラベルの全てに美しい手書きの飾り文字が施されていました。

stumble into : 偶然入り込む
curiosity : 好奇心
intuition : 直観、直観力
turn out to be : ~であるということが分かる
priceless : お金では買えない
calligraphy : 書道
drawer : 引き出し

 

It was beautiful, historical, artistically subtle in a way that science can’t capture.
and I found it fascinating.
None of this had even a hope of any practical application in my life.

それ(カリグラフィー)は美しく歴史的で、科学では捉えることのできない芸術的な繊細さがありました。
私はそれがとても面白く魅力的だと思いました。
この(カリグラフィーの)中には実際に私の人生に応用できそうなものは一つもありませんでした。

artistically : 芸術的に
subtle : 巧妙な、微妙な
fascinating : 魅了する、魅力的な
application : 適用、応用

It was the first computer with beautiful typography.

それは美しいタイポグラフィを備えた最初のコンピュータでした。

typography : 体裁、仕上がり

And since Windows just copied the Mac, it’s likely that no personal computer would have them.

そしてウィンドウズはマックをパクったに過ぎないので、パソコンにそれらの機能が備わることもなかったでしょう。

likely : ~しそうな、ありそうな

Of course it was impossible to connect the dots looking forwardwhen I was in college.

もちろん大学にいた頃は将来を見据えて点と点を繋げるなんて不可能でした。

connect the dots : 点を結ぶ、点を結んで全体像を作る

Again, you can’t connect the dots looking forward.

もう一度言いますが将来に目を向けて点を点を繋ぐことはできません。

look forward : 将来に目を向ける、前を見る
 
So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.
You have to trust in something your gut, destiny, life, karma, whatever.
Because believing that the dots will connect down the road will give you the confidence to follow your heart
even when it leads you off the well-worn path.

だから、点と点は将来何らかの形で繋がると信じなければいけません。
根性、運命、人生、宿命、何でもいいので何かを信じなければいけません。
なぜなら、将来点と点が結びつくと信じることは例え月並みな人生を外れることになっても自分の心に従うための自信を与えてくれるからです。

somehow : 何らかの方法で、何とかして
gut : 根性、度胸
destiny : 運命
whatever : 何であっても、何でも
down the road : 将来、そのうちに
well-worn : お決まりの、月並みな
path : 方向、進路

My second stroy is about love and loss.【愛と喪失】

愛と喪失の画像

We just released our finest creation the Macintosh a year earlier, and I just turned 30.
And then I got fired.

その(クビになる)一年前に私たちは最高傑作であるマッキントッシュを発表したところで、私は30歳になったばかりでした。
そしてその後、私はクビになりました。

turn : ~になる
get fired : 首になる、解雇される

 
as Apple grew we hired someone who I thought was very talented to run the company with me

アップルが成長していく中で私たちと一緒に会社を経営していけるようなとても優秀だと見込んだ人を雇ったのです。

talented : 優れた、才能がある
run : 管理する、経営する

 
But then our visions of the future began to diverge
and eventually we had a falling out.
When we did, our Board of Directors sided with him.
So at 30, I was out.
And very publicly out.
What had been the focus of my entire adult life was gone, and it was devastating.

しかし将来のビジョンが食い違い始め
やがて私たちは仲たがいし、付き合いをやめてしまいました。
そのとき取締役会は彼に味方したのです。
それで30歳のときにクビになったのです。
大人になってからの人生で焦点だったものが消え、それはとても衝撃的なことでした。

diverge : 分かれる、分岐する
have a falling out : 付き合いをやめる、不和になる
board of directors : 取締役会
publicly : 公然と、公に
devastating : 衝撃的な、壊滅的な

 
I felt that I had let the previous generation of entrepreneurs down.
that I had dropped the baton as it was being passed to me.
I met with David Packard and Bob Noyce and tried to apologize for screwing up so badly.

前の世代の起業家たちの威信を傷つけてしまった
私に渡されたバトンを落としてしまったと思いました。
私はデイビッド・パッカードとボブ・ノイスに会って、大変な失敗をしてしまったことを謝ろうとしまた。

entrepreneur : 起業家
apologize for : ~に対して謝罪する
screw up : 台無しにする、大失敗する

 
I was a very public failure,
and I even thought about running away from the valley.
But something slowly began to dawn on me, I still loved what I did.
The turn of events at Apple had not changed that one bit.

私は本当に起業家として失敗作だった、
そしてシリコンバレーから逃げようとも考えました。
でも、私はゆっくりと何かに気付き始めたのです。私はまだ自分のしていた仕事が大好きでした。
アップルでの事の展開も、それを少しも変えることはありませんでした。

run away from : ~から逃げ出す
dawn on : 人に理解され始める
turn of events  : 事態の変化、出来事の節目

 
The heaviness of being successful was replaced by the lightness of being a beginner again
less sure about everything.
It freed me to enter one of the most creative periods of my life.

成功することの重みが、全てにおいて自信が持てない初心者に戻った軽さに代わったのです。
それは私がまた、人生の中で最もクリエイティブな時期に入れるよう、私を解放してくれたのです。

heaniness : 重さ
replaced by : ~に置き換える、~と取り替える
lightness : 軽さ、軽いこと
free : 開放する、自由にする

 
and fell in love with an amazing woman who would become my wife.
Pixar went on to create the world’s first computer animated feature film, Toy Story…

そして後に私の妻となる素晴らしい女性に恋をしました。
ピクサーは世界初のコンピュータ・アニメーション映画「トイ・ストーリー」の制作に踏み出し...(今では世界一成功しているアニメーション・スタジオです。)

fell in love with : ~と恋に落ちる
go on to : 続けて~する、~に取りかかる

 
In a remarkable turn of events, Apple bought NeXT.
I retuned to Apple,
and the technology we developed at NeXT is at the heart of Apple’s current renaissance.

驚くべき事態の進展によりアップルはネクストを買収し
私はアップルに戻ることになりました。
そして私たちがネクストで開発した技術はアップルの現在の企業再生の取り組みの中心にあります。

remarkable : 注目すべき、驚くべき
at the heart of ~の中心に・で
renaissance 復興、再生

 
I’m convinced that the only thing that kept me going was that I loved what I did.

私を唯一前に進ませてくれたのは、心から自分の仕事が好きだったということだと断言できます。

be convinced that : ~と確信している

 
and the only way to be truly satisfied is to do what you believe is great work.

本当に満ち足りた人生を送る唯一の方法は、自分が素晴らしいと思える仕事をすることなのです。

truly : 真に、本当に

 
And, like any great relationship, it just gets better and better as the years roll on.

そして、あらゆる素晴らしい人間関係と同じように、時が経つにつれてそれ(自分が心から好きなこと)はどんどん良くなっていくのです。

roll on : (時が)経つ
get better and better : どんどん良くなる

 
don’t settle.

そして腰を落ち着けてはいけません。

settle : 身を固める、腰を落ち着ける

My third story is about death.【死】

デビッドボウイの画像

When I was 17,
I read a quote that went something like: “If you live each day as if it was your last, someday you’ll most certainly be right.”
It made an impression on me.

私は17歳の時、このような言葉が引用されているのを目にしました。「もしあなたが毎日を人生最後の日だと思って生きていれば、いつか必ずそれが本当のことになるでしょう」
それは私に感銘を与えました。

quote : 引用文
make an impression on me : ~に感銘を与える、~に印象を与える

 
And whenever the answer has been “No” for too many days in a row, I know I need to change something.

その答えが何日も続けて「いいえ」だったら、何かを変える必要があると分かるのです。

in a row : 続けて、一列に並んで
 
Because almost everything, all external expectations, all pride, all fear of embarrassment or failure, these things just fall away in the face of death, leaving only what is truly important.

なぜなら外部からの期待、プライド、恥をかくことや失敗への恐れといったほとんどのことは死に直面すると消え去り、本当に大切なものだけが残るからです。

embarrassment : 気恥ずかしさ、きまり悪さ
fall away : なくなる、離れていく
in the face of : ~を目の前にして、~に直面して

 
There is no reason not to follow your heart.
About a year ago I was diagnosed with cancer.
I had a scan at 7:30 in the morning,
and it clearly showed a tumor on my pancreas.

 

自分の心に従わない理由なんて何一つありません。
1年ほど前、私はガンと診断されました。
私は朝の7時半にスキャン取りました。
そして私のすい臓には、はっきりと腫瘍が写っていました。

follow one’s heart : 自分の心に従う、心のままにする
be diagnosed with : ~と診断される
pancreas : 腫瘍、腫れ
 
 
The doctors told me this was almost certainly a type of cancer that is incurable,
and that I should expect to live no longer than three to six months.
My doctor advised me to go home and get my affairs in order,

医師たちは、これが治療不可能な種類のガンであることはほぼ間違いない
そして長くて3ヶ月から6ヶ月しか生きられないだろうと私に言いました。
主治医は、家に帰って物事の整理をするようアドバイスをしました。

incurable : 不治の、治療できない
no longer than : (期間)以上は~ない
get (something) in order : (物事)を整理する、まとめる

 
I lived with that diagnosis all day.

私は一日中、その診断を抱えて過ごしました。

diagnonsis : 診断

 
I was sedated, but my wife, who was there, told me that when they viewed the cells under a microscope the doctors started crying because it turned out to be a very rare form of pancreatic cancer that is curable with surgery.
I had the surgery and thankfully I’m fine now.
This was the closest I’ve been to facing death.

私は鎮静剤を打たれていたのですが、その場にいた妻が、医師たちが顕微鏡で細胞を見て私のすい臓ガンは手術で治すことのできるとても稀な形状であることが分かったので彼らが泣き出したと教えてくれました。
私は手術を受けありがたいことに今は元気です。
これが私が今まででいちばん間近に死と向き合った経験です。

sedate : 鎮静剤で落ち着かせる、鎮静剤を与える
microscope : 顕微鏡
curable : 治せる、治療できる
surgery : 外科、手術
thankfully : ありがたいことに
face death : 死に直面する

 
Having lived through it, I can now say this to you with a bit more certainty than when death was a useful but purely intellectual concept:
No one wants to die.

それを乗り越えたので、今私は死というものが役には立つけれど、単に頭の中の概念でしかなかった時よりも、もう少し確信を持ってこう言えます。
誰も死にたくはありません。

live through : 生き抜く、乗り越える
certainty : 確実性、確実
intellectual : 知的な、知力を要する

 
And yet death is the destination we all share.

しかし、死は私たちみんなが共有する終着点なのです。

destination : 行き先、目的地
 
 
It clears out the old to make way for the new.

それは古きものを一掃して、新しきもののために道を作るのです。

clear out : 排除する、取り除く
make way for : ~のために道を作る

 
Don’t be trapped by dogma,which is living with the results of other people’s thinking.
Don’t let the noise of others’ opinions drown out your own inner voice.

他の人たちの考えがもたらした結果を受け入れるという教条主義の罠にはまらないでください。
あなた方の心の声が、他人の意見にかき消されないようにしてください。

be trapped by dogma : ~の罠にはまる、~で身動き取れなくなる
drown out : ~をかき消す

Everything else is secondary.

その他のことは全て二の次です。

secondary : 第二の、二次的な

and he brought it to life with his poetic touch.

彼の詩的な作風がそれ(全地球カタログ)を生き生きとさせていました。

bring (something) to life : (物事)を面白くする、生き生きさせる
poetic : 詩的な

 
so it was all made with typewriters, scissors, and polaroid cameras.
It was sort of like Google in paperback form, 35 years before Google came along:
it was idealistic, overflowing with neat tools and great notions.
Stewart and his team put out several issues of The Whole Earth Catalog,

それ(全地球カタログ)は全てタイプライター、はさみ、そしてポラロイドカメラを使用して作られていました。
グーグルが登場する35年前に出された、グーグルのペーパーバック版のみたいなものでした。
理想に満ち、素晴らしいツールと偉大な概念にあふれていました。
スチュアートと彼のチームは「全地球カタログ」を何号か発行しました。

scissors : はさみ
come along : 現れる、やってくる
idealistic : 理想主義的な、理想主義の
overflow : あふれ出る、あふれる
neat : 素敵な、素晴らしい
issue : 刊行物、号

 
the kind you might find yourself hitchhiking on if you were so adventurous.
Beneath it were the words: “Stay Hungry. Stay Foolish.”
It was their farewell message as they signed off.
Stay Hungry. Stay Foolish.

あなたが大の冒険好きなら、ヒッチハイクをしていそうな類の道です。
その(写真の)下には「ハングリーであれ。愚かであれ。」という言葉がありました。
それは最終号を迎えた彼らからのお別れのメッセージでした。
ハングリーであれ。愚かであれ。

adventurous : 冒険心のある、冒険好きな
beneath : ~の下に
farewell : 別れの
sign off : 終了する、やめる
stay : (ある状態の)ままでいる
foolish : 愚かな、ばかな

 
And now, as you graduate to begin anew, I wish that for you.
Stay Hungry. Stay Foolish.

そして今、卒業して新たなスタートを切るあなたたちにもそうであることを願っています。
ハングリーであれ。愚かであれ。

begin anew : 再スタートを切る、新たに始める

スティーブジョブズの伝説のスピーチから学ぶ【まとめ】

いかがでしたでしょうか。

何度も何度も繰り返し勉強することで理解度も深まり、覚えた単語・フレーズが頭からも抜けにくくなります。
英文を見ないでもある程度口に出せるくらい頭に刷り込ませてみてはいかがでしょうか

私はジョブズが好きですので、このスピーチを何度見ても「カッコイイな!」と毎回思います。

ジョブズに関わらず、好きな人のスピーチやインタビューを真似する勉強法はかなり効果的ですので試してみて下さい。
映画好きの方はウィル・スミスのインタビュー等を真似てみてはいかがでしょうか。

ちなみに私はアダム・サンドラーのファンです。

ではでは。
✌ぴーす✌

コメント

タイトルとURLをコピーしました