オーストラリアでアルバイトの探し方【ワーホリ・留学生】

オーストラリア仕事探し−アイキャッチ オーストラリア

ハイサイ!
まもです。

オーストラリアにワーホリに来たばかりの皆さん、仕事は見つかりましたか?
どうやって仕事を見つけようか悩んでいませんか?

今回は、オーストラリアでワーホリをしていた私がどのように仕事を見つけたかを【履歴書書き方例・解説付き】で紹介していきます。

オーストラリアでアルバイトの探し方【ワーホリ・留学生】  

求人

オーストラリアでアルバイトを始めよう【必要書類】

ワーキングホリデービザをお持ちの皆さんは基本的にオーストラリアでバイトをするかと思います。
仕事を始める際に必要な登録や書類があること、ご存知ですか?

まずは、オーストラリアで働くために必要なことをまとめました。

ビザ(就労可能なビザ)

ワークビザ、ワーキングホリデービザなど
当たり前ですが就労可能なビザが無いと働けません。

TFN
(Tax File Number)

インターネット上で申請できますが、TFNが届くまでに約2週間かかる場合もあるので仕事を探す前から申請し準備をしておく必要があります。

RSA
(Responsible Service of Alcohol)

お酒を提供するレストランで働く場合はRSAが必要。
RSAとは”アルコール類の販売や運搬を伴う取扱いの知識、法律などのルール及び罰則などオーストラリア国内の各州法によって厳しく定められた資格。”※州によってRSAが異なるので事前に確認しましょう。

銀行口座

オーストラリアの銀行口座。
私は口座維持費がかからないNABを使っていましたがぶっちゃけどこでも大丈夫です。無難に大手の銀行を選びましょう。

パスポート
(身分証明書)

大事な身分証明書です。
身分確認に提示を求められることがあります。

職種にもよりますが、以上の5つがあればワーキングホリデーでオーストラリアに来ている大抵の日本人は雇ってもらえます。(※カジノで働く人はRCGの取得が必要)

TFNは時間がかかりますので、オーストラリアに着いたらすぐ申請することをおすすめします。

英文履歴書を作ろう

バイト探しには履歴書が必須です。

英文の履歴書を書いたことがない方は慣れない作業に戸惑うかもしれませんが意外と簡単です。
私がオースストラリア・カナダ・アイルランドで実際に使用していた(している)履歴書を例に解説していきます。

履歴書の画像

 

①自分の名前

フルネームを「名」・「姓」の順で記載。

②住所

オーストラリアの住所を記載。

③携帯番号

オーストラリアのの携帯番号
国際番号は記載する必要はありません。

④メールアドレス

G-mailなどのアドレス

⑤希望時間や曜日

自分の希望する時間帯や曜日を記載する。
またいつから働き始められるかなども書くとわかりやすい。

⑥アピールポイント

自分の性格や特徴などを希望する職に関連させ記載。

⑦職歴

自分の希望する職に合わせた職歴を選び記載する。
またどんなことができるかも合わせて記載する。

⑧ビザの種類

ビザの種類や有効期限を記載する。

いかがでしたか?
英文履歴書のテンプレートはネットから簡単にダウンロード可能ですし、ワードにも入っています。
おおよその形式はありますが決まりは無いため、自分が書きやすいようにカスタマイズしてみましょう。

仕上がった履歴書は、学校の先生やネイティブの友人等に添削してもらおう!

語学学校に通っている方は先生にお願いすれば必ず添削してくれますし、それ以外の方はネイティブの友人やミートアップなどに参加し添削を頼んでみましょう。ミスを防ぐことができます。

オーストラリアでバイト求人の見つけ方・応募方法

道路も眺める女性

必要書類・履歴書の準備ができたらいよいよ仕事探しのスタートです。
求人は以下のように見つけることができます。

・街を歩いて求人を見つける。
・友人に紹介してもらう。
・求人サイトを利用する。

今回はこの3通りに伴った応募方法を紹介します。

街を歩いて求人を見つける

オーストラリアではメジャーなバイトの探し方です。

シティのお店にはドアや窓に求人という意味の「hiring」と書いてある紙が貼ってあることがあります。
この「hiring」を見かけたら履歴書を店内に渡しに行くだけです。

「だけ」と言ってもこれの方法が一番勇気がいる方法です。

ですが、お店の雰囲気も実際に働いている人も確認できますし、履歴書を渡す際にオーナーやマネージャーに会えたら自分をアピールするチャンスにもなります。

緊張することですが、希望職をゲットするために頑張りましょう。

・履歴書はなるべくオーナーやマネージャーに渡す。
求人の紙が出ていなくても求人していることがあるので、働きたい店にはどんどん配る
 
履歴書を渡す際の定番のセリフを紹介しておきます。

求人していますか

Are you hiring?

ウェイターの仕事を探しています

I’m looking for a job as a waiter.

オーナー(マネージャー)はいますか

Is the manager available at the moment?

履歴書をオーナー(マネージャー)に渡してください

Could I just leave my resume?

友人に紹介してもらう

実はこれが一番いい求人の見つけ方です。
働いている人(友人)に紹介してもらえるので、採用の可能性は通常より格段に上がります。
普段から周りの人に仕事を探している事を広めておくことで、思わぬところから仕事が見つかることがあります。

語学学校に通っている方はどんどんコネを使いましょう!

・学校の友人などに仕事を探している事を伝える
・ミートアップなどに参加し人脈を広げる
・利用しているエージェントで他のワーホリの人と情報交換をする

求人サイトを利用する

日本と同じようにオーストラリアにも多くの求人サイトが存在しますが、今回は有名どころの4つを紹介します。

ジャムズ(jams)

日本語のサイト「ジャムズ」
シドニーで一番有名なサイトです。
ほとんどが日本語で書かれているので、英語に自信がない方はこちらで探すのをおすすめします。
ジャパレスの求人やツアーガイド、美容関係の情報があるので探してみて下さい

日豪プレス

こちらも日本語のサイト「日豪プレス」
ビザの種類や職種、勤務形態を選択して条件検索ができます。また必要な英語レベル別に仕事を探すことができとても便利です。
タスマニアやアリススプリングス等の他サイトには掲載されていないエリアの求人も検索ができるので、ラウンドをしながら働きたいワーホリワーカーには便利な求人サイトと言えるでしょう。

GO豪メルボルン

主にメルボルンのことについて書かれています。求人だけでなく住居やイベントに関しても書かれてますのでメルボルンに住んでる人はチェックすることをおすすめします。

Gumtree

日本人だけでなくオーストラリア人も仕事を探す際に利用するサイトになりますのでワーホリビザが適用される求人かどうか確認してから応募することをおすすめします。州ごとに働きたいエリアや職種を選択して求人を検索します。

応募する際の英文メール例

英文メールの例です。参考にしてみて下さい!

Dear/To 〇〇〇

My name is □□□.
I just moved in Dublin and am looking for a job.

I saw your post about a server job on “MixB”.
I’m really interested in the position.
If the position is still available, I’d like to interview for the job.

I’m looking forward to hearing from you.

Best regards,
□□□

※この英文はあくまで私ならこのように答えるというものですので参考程度にお願いします。
この記事を拝見してくださった方で英語の間違いを見つけた方はコメント欄でシェアしてくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

どんな事を聞かれるの?【英語面接】

握手

日本でもアルバイトの面接はお店によってしっかり行われるものとゆるい雰囲気の中で行われるものがあるように、海外で行われるアルバイトの面接もお店によってかなり雰囲気が異なります。

レジュメを持っていったらそのまま面接になるケースも多いです。

どんな面接のタイプかにより聞かれることも異なりますが、必ず聞かれることは一緒です。

・ビザの種類
・いつまで働けるか(ビザの有効期限)
・希望の職種
・今までの職歴(スキル)
・どれくらい働けるか(時間や日数)
上記6項目は必ず聞かれるといっても過言ではないので、受け答えできるようにしておきましょう。
 

質問内容例(英文あり)

 

ビザの種類は?
What kind of VISA do you have?

ワーキングホリデーです。
I have a working holiday VISA.

ビザの有効期限は?
When is it expired?

2020年10月2日までです。
untill October 2nd 2020.

希望の職種はなんですか?
Which position would you like?

サーバーです。
I’d like to work as a waiter.

今までにサーバーの仕事をしたことがありますか?
Have you done any waiter job before?

日本の飲食店で2年ほどサーバーをしていました。
I have experience in waiter job for 2 years in Japan.
パートタイムとフルタイムどちらを希望しますか?
Would you like a part-time job or a full-time?
パートタイムを希望します。
I’d like a part-time job.
週に何日/何時間働くことができますか?
How many days/hours can you work?
週に4日/週に30時間程度働きたいです。
I’d like to work 4 days/30 hours a week.

※この英文はあくまで私ならこのように答えるというものですので参考程度にお願いします。
この記事を拝見してくださった方で英語の間違いを見つけた方はコメント欄でシェアしてくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

面接時に意味がわからない単語や聞き取れないフレーズが出てきてしまうかもしれませんが、焦らず聞き返しましょう!

すみません、もう一度言って頂いてもいいですか? I beg your pardon? Could you say that again?
すみません、理解していません。 I’m sorry, I don’t understand.

しっかり笑顔で受け答えができれば、英語ができなくても意外と受かったりするものです!
自信を持って面接に挑みましょう。

面接時に気をつけること

男性が手を広げている

面接の際に気をつけたいことがあります。

時給・給料日の確認

面接が決まったら、確認したいのがお金関係についてです。
ここを有耶無耶にしたまま働き始めてしまうと、給料が思っていたより低いなどトラブルに繋がりかねません。
聞きづらいことではありますが、必ず確認して下さい。

労働時間の確認

・フルタイムで雇ってもらえるのか、それともパートタイムなのか。
・週でだいたい何時間くらい働けるのか。
・どのくらいの期間雇ってもらえるのか。

その他色々気になった点はどんどん質問して解決しましょう。

採用試験「トライアル」

足元

面接が終了した後は基本的にトライアルという採用試験のようなものがあります。

トライアルでは何をするの?

トライアルは3時間程度のもので、お店側が私達を実際にどのくらい働けるのか(能力)を見ています。
そこでしっかり自分の働きを見せることができれば採用になりますが、ここで落とされるケースも多くあります。

トライアルから真剣に取り組みバイトをもぎ取りましょう!!

いかがでしたか?

オーストラリアでのバイト探しはやること自体は日本と一緒です。
英語が苦手な方はまずは日本食レストランのキッチンを、少しチャレンジしたい方にはジャパレスのウェイターを、英語が話せて更にローカル環境に身を置きたい方には、ローカルのカフェやレストランで働くことをおすすめします。
仕事はいくらでもあります。あまり気負わずにすすめていきましょう!

それでは次の記事で
✌ぴーす✌

コメント

タイトルとURLをコピーしました