オーストラリアのスキー場【ペリッシャースキーリゾート】について

ペリッシャーについてのアイキャッチ オーストラリア

ハイサイ!
まもです。

シーズン真っ只中で少し気が早いですが、このままずーっとゲレンデに居たいと思ってることでしょう。

オーストラリアにあるペリッシャースキーリゾートで(日本は)真夏でもスノーボード・スキーが楽しめます!

オーストラリアって雪降るの!?って思った方もいるかもしれませんね。私がそうでした。

オーストラリアにはいくつかゲレンデがありますが今回は私がお世話になったペリッシャースキーリゾートの話をしていきます。

オーストラリアのスキー場【ペリッシャースキーリゾート】について

スノーボード

ペリッシャーはPerisher valley, Blue cow, Smiggins, Guthegaの4つで構成され、南半球最大のスキーリゾートとなっています。Mt.ペリッシャーの頂上は標高2054メートル、ベース標高は1720メートルとなっています。降雪量は150~200cm、場所はシドニーから車で約5~6時間、首都キャンベラから車で約2時間半ほどかかります。ふもとの街ジンダバインへはバスで行くことができますが、ジンダバインからペリッシャーまで行く公共交通手段が存在せず、ジンダバインでヒッチハイクをする人がとても多い状態となっています。

ペリッシャースキーリゾートの1番の魅力はなんと言っても

南半球最大の滑走面積!

とにかくゲレンデが広いく、チリやアルゼンチンの山をしのいで一番でかいそうです。 

Resort Stats

・最高標高:2054m
・最高リフト到標高:2034m
・最長滑走距離:約3km
・リフト数:47 (TバーやJバー含む)
・ナイトスキー:火曜日と土曜日の18時~21時 (天気が良ければ花火有!)
・シーズンの長さ:6月中旬~10月の上旬
・首都キャンベラから車で約2時間半
・シドニーから車で約5~6時間
・メルボルンから車で約6時間 

ペリッシャースキー場のシーズンは?

オーストラリアは南半球にありますので日本と季節が逆転し、6月から8月末までが冬となります。

スキー場のオープンはだいたい6月中旬から10月の上旬までの約3ヶ月半。短っ!!

そう。すごく短いんです。9月からほとんど雪も降らないので8月に行くのがベストだと思います。

ウィスラーでは11月後半から5月後半まで滑れてたのでカナダの半分くらいですね。。

ペリッシャースキー場で2シーズン過ごしての感想

私は実際に

2017年の6月下旬~10月の一週目

2018年の6月1日~10月の一週目

上記の2シーズンをペリッシャーで過ごしました。

2シーズン過ごしての感想。ペリッシャースキーリゾートは 

ペリッシャー、スミガン、ブルーカウ、ガシガの4つの山で構成されており、広くてルートに飽きることはございません。もちろんリフトパスは共通です。良心的なスキー場ですね。

またペリッシャーはパークが有名で毎年4つか5つはパークが存在します。(降雪量による)

私は怖くて挑戦しませんでしたが大きいハーフパイプもあります。

地形に関して

全体的に開けているところが多く、見渡しはすごい良いです。

その反面、なかなか地形を使ってのジャンプやミラーフリップ等の

地形遊びが少し物足りないかなと思いました。

雪質に関して

日本のジャパウ(Japanese powder)には到底かないません。

日本で毎年雪山に籠ってる友達にも、”積雪量も少ないし雪固いんでしょ~”

と言われますが、意外にも結構降ります!正直、腰までのパウダーは期待できませんが

ひざ下までなら余裕であります!!

グダグダと述べましたが

ペリッシャー最高!

この一言に尽きます。

真夏8月にスノーボード・スキーって少し違和感ですが

猛暑で消耗する前にペリッシャースキーリゾートに行ってみてはいかがでしょうか。

・Perisherへの行き方&バスの予約方法はこちら

オーストラリアのスキー場 【ペリッシャースキーリゾート】への行き方
本記事ではオーストラリアにある雪山ペリッシャースキーリゾートへの行き方を解説しております。シドニーからバスで約6時間、キャンベラからバスで約3時間かかります。バスの予約方法も解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

また別の記事で

・リフトパスの買い方
・雪山での仕事や過ごし方

等を書いていきたいと思います。

ではでは。

✌ぴーす✌

コメント

タイトルとURLをコピーしました