【100記事達成】かなえって旅系ブロガーがいるらしい【経歴紹介】

かなえっていうブロガーアイキャッチ 雑記
かなえ
かなえ

ハイタイ!かなえです。今回は100記事達成記念として、私について書いていこうと思います。

どこに需要があるんだよって感じもしますが、こういう記事も書いていけるのが雑記ブログの良いところですからね。

私のブログのプロフィールはあまり充実していないので(小声)、100記事達成のこの記事で皆さんに「旅系ブロガーかなえ」について知ってもらおうかなと思います。

記事の内容

・かなえのプロフィール
・幼少期〜現在までの経歴
・これからの取り組み

興味がある方、ない方もぜひ読んで行ってください!

かなえの簡単なプロフィール

  それが私      

・名前:かなえ(♀)
・年齢:1994年生まれの25歳
・出身地:茨城県
・職業:絶賛ニート中
・趣味:ハンドメイド(衣装、アクセサリー、子供服制作など)、ブログ執筆、Youtube鑑賞

小中高と茨城の田舎で育つ。

大学では有名なファッションの学校で衣装制作について学ぶ。

22歳、就職と卒業を控えたこの時期にカナダワーホリを決める。

24歳の秋、カナダから一時帰国するも結局そのまま戻らず日本に住むことに。

25歳冬、相方からの誘いを受けてアイルランドワーホリへ。

現在、日本でニート中

かなえ
かなえ

簡単に私の経歴を書いてみましたが、行き着く先がニートってひどいですね笑 笑い事じゃないんですけど。

茨城の田舎で過ごした小中高生時代

ネモフィラ

私は高校を卒業するまで茨城の田舎ですごしていました。

小学校時代は兄に憧れて少年野球チームに入り、男の子の中に1人混じり野球をしたり。

中学時代は友達の割合が一気に女子に傾き、おしゃれに目覚めたり。

高校時代では、英語嫌いのくせして国際交流が盛んな高校を選び、英語部に入部して活動したり、カンボジアにいってみたり。飽きて幽霊部員化してみたり。

特に山も谷もなかったように感じる18年間。

かなりの人見知りではあったものの友達にも恵まれ、ごく一般的な田舎の女の子の人生を歩んでいました。

【田舎から大都会へ】東京での大学生生活

新宿

大学では茨城の田舎を飛び出し、東京にある学校へ。

昔からものづくりが大好きだった私は、英語克服を断念しファッションを学ぶことに。

「制作」がしたくてファッションの大学にやってきた田舎娘は個性派揃いの同級生にびっくりすることになります。理解ができないファッションセンスの子たちがたくさんいるんですよね笑

いろんな世界を知れた大学生活でした。

ちなみに大学1年生から始まり、未だに続けていることがあります。
知っている方は知っているかと思いますが、「Dハロ」って聞いたことありますか?

ディズニーハロウィンに仮装して遊びに行くことをそう呼ぶんですが、ディズニー好きの友人に引っ張られ未だに続けています。

もちろん衣装は全て手作りですよ。
そのうち機会があればお見せしていきます。

そんなこんなで英語とは無縁の大学生活でした。

ワーホリに行きたくなった21歳の春

本を読む女の子

先程英語とは無縁の生活を送ったと言ったんですが、周りはそうでもなかったんです。

この周りの影響でワーホリに行くことを決めるんですが、2人のキーパーソンが登場します。

1人目は妹。

私には2歳離れた妹がいるんですが、妹は私の影響で海外に興味を示し、同じ高校に通い、同じ英語部に入り精力的に活動していました。

ついに高校卒業のタイミングで親の反対を押し切りオーストラリア留学に。

私にはそれが衝撃的でした。

中学時代から興味はあって、でも苦手という英語に真剣に向き合いたいと思った高校時代。そこでも挫折。

海外に留学に行くなんて頭の片隅にもなかったのに、妹は親の反対を押し切ってまで行った、その事実になんでか英語をしたい欲がむくむくと湧き上がって来たんです。

そして2人目は今の相方くん。

彼と出会い、付き合い始めたのは大学時代なんですが、私が大学を休学してワーホリに行こうかなと悩んで立ち止まっている間に、ササッと仕事を辞め、私をおいてオーストラリアワーホリに行ってしまったんです笑

彼もまた、昔から海外に興味のあった人間で行動力が私の2倍くらいありました。

こんな行動力がある2人を見ていて、カナダワーホリを決めたわけです。

カナダワーホリ時代の23歳

カナダ国旗

昔からやりたいと思い続けていた英語。
こんなに昔からやりたいと思い続けていたものは他にないかも知れない。

でも、そう思っていただけの私が単身カナダワーホリに飛び出しました。
相方くんのいるオーストラリアではなかったのいろいろ理由があるんですがそこは置いときます。

語学学校にも通い、毎日英語の勉強漬け。
そんな生活を送りながら、遠距離恋愛に疲れ、相方くんとはここで一度バイバイしてます。

カナダワーホリも半年をすぎる頃、仕事を変えたんですが変えた先でワークビザを全面的にサポートしてくれるとの打診が。

カナダのあとはオーストラリアに行こうと思っていましたが、お金も全部出してくれるならいいかな〜という理由でカナダ残留を決めます。

カナダでワークビザを申請し始めた24歳

信号機

軽い気持ちで申請したワークビザなんですが、申請からビザが実際に降りるまで8ヶ月以上経過していました。

その間にワーホリのビザはもちろん、ブリッジビザの期限も来てしまったため日本に一時帰国。

その当時ちゃっかりカナダ人の彼氏を作っていましたが、またまた遠距離恋愛に。

日本への1時帰国は3月程の予定だったんですが、この間に私に問題が発生したことでどんどん伸びることになります。

なんと病気が見つかり、2度の手術をすることになったんです。

その間にワークビザは下りたんですが、手術後も定期的な検診が必要ということで日本に留まる決断をしました。

その過程でカナダの方とはお別れすることに。

日本での生活を楽しんだ25歳

カップル

日本にステイすると決めたころ、長らく会っていなかった相方くんと再開することに。

日本へのステイを決めたと同時に、ずっと海外生活をしていた相方くんも日本へ1時帰国しに来ていたんです。

かなえ
かなえ

運命感じますよね〜笑

いろいろあった後、アイルランドワーホリに一緒に来てという誘いに乗せられアイルランドへ旅立ったわけです。ちなみにここでも相方くんとは遠距離恋愛を半年程してます。

アイルランドワーホリ期間に始めたブログ

パソコン

カナダ関連のゴタゴタの影響もあり、英語への熱心さは半減。
あとは日本でホテルのフロントをしているときに、私のなんちゃって英語でも対応できることを知ったことも大きな要因かな。

アイルランドワーホリに誘われても魅力的に感じなかったんですね。
なので行くのを最後まで渋っていました。

しかし、異国の地でブログに出会うことに。

アイルランドワーホリの1番の収穫はなんですか、と聞かれたらブログを始められたことですと堂々と言えます。

そのくらい本気で取り組めるものができたんです。

アイルランドワーホリに誘ってくれた相方くんには感謝ですね。

新天地沖縄への移住に向けて【目標】

ビーチを歩く

コロナの影響で1年予定だったアイルランドワーホリを切り上げ、相方くんの故郷沖縄に移住する計画を立てています。

まずは準備期間として4ヶ月〜半年程度それぞれの地元でお金を貯めることに専念するつもりです。

そう、私はまた遠距離恋愛をするんですね。
この4年間遠距離恋愛ばっかりしすぎて、遠距離恋愛マスターになれそうです。

まー、それは置いといて。

その準備期間、このブログは完全雑記ブログへと移行していきます。
沖縄移住後は、移住についてなど沖縄メインのブログへと移行していくつもりです。

沖縄移住後は相方くんの協力のもと、ブログ以外のことにも挑戦し、3年でネットで生活できるくらい稼ぐのが目標です。

詳しくは100日更新達成の記念記事で書いていこうかな。

 

かなり長い自分語りになってしまいました。
しかし、改めて自分の人生を文字に書き起こしてみると面白いものですね笑

結局25歳になっても大した山も谷もない人生でしたが、これからたくさんのことに挑戦し谷も山もありながら、3年後には成功しているように頑張ります。

 

かなえ
かなえ

ほんとーに長ったらしい記事を読んで頂いてありがとうございました。

こいつらの今後気になるって方はぜびツイッターとインスタもフォローしてみてください。

では次の記事で
✌ぴーす✌

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました